8月6日(火)看護師さんへ『人との対応力アップ対処法セミナー』を開催いたしました

こんにちは、ワークステーション渡邉です。
8月6日火曜日、『人との対応力アップ対処法セミナー』を開催いたしました。

講師は2年前からお世話になっております『守安あゆみ』講師。

守安先生は、現在、認定NPO法人箕面こどもの森学園 副代表理事、常勤スタッフを務めておられ、認定子育てハッピーアドバイザー、メンタルファウンデーション認定コーチとしても活動されております。
今までの子ども・親との関わりの経験を活かし、幅広い年齢層に向けた、人とのかかわり方についてのセミナーなども開催されている方です。

弊社のセミナーは、だいたい20~35名の方を定員として開催していますが、今回のテーマは、コミュニケーション力アップということもあり、ワークショップ(体験型)で、意見交換も活発にしながらすすめるセミナーですので、定員8名としていたのですが、セミナーの告知初日に8名の方からお申込みをいただき、翌日のお申込みからキャンセル待ちとなってしまったため、急遽2名、定員を増やし10名の方に参加いただきました。
それでも複数名のキャンセル待ちの方がおられ、ご希望の方すべてにご参加いただけなかったのは申し訳ないなぁと思っています。

セミナー会場は、椅子が写真のように丸く並べられており、参加者様も、会場に入って、想像のレイアウトと違っていたようで、皆さんびっくりされておりました。

今回は、弊社の開催セミナーに初参加の方が8名ということで、ほとんどお会いするのは初めましての方ばかりだったので、セミナー開始から少しの間はちょっとした緊張感漂う空間でしたが、守安先生のいざないで、全員の自己紹介をしました。

○名前

○どこから来たか

○最近嬉しかったこと、困ったこと

を行う間に、笑顔もあふれ、あっという間に和やかな雰囲気に。

私と顧問の楠本も輪に入らせていただき、自己紹介を行いました。
1人1分、全員で12名、12分で終わるはずが、ゆうに20分は超えました。
皆さん準備なしで話されたのに、わかりやすく、面白おかしく語られて、看護師さんのそもそものコミュニケーション能力の高さを感じさせられた一面です。

そこから、対人関係を良好にするためには、自分を大切にしないと相手も大切に出来ないこと、境界線を大切にすること、呼吸を大切にすること。
いろんな事を先生のお言葉や実例から学ばせていただき、そのあと、自分達のいま、悩んでることをもとに2つのグループにわかれました。
ディスカッションを行い、意見を出し合い、それぞれ発表し、そのあと、セミナーの感想を全員がのべて締めくくりという流れで、休憩15分をはさみましたが、びっちり3時間、参加者様と、守安先生と楠本顧問と私の15人が、ときには発表し、ときには傾聴し、ときには受講のかたちで、守安先生のもと、学びあった内容の濃い時間となりました。

休憩時間には、連絡先交換される参加者の方々や、以前、別の単発バイトで会われていて再会されて話が盛り上がられてた参加者の方など、いろんなコミュニケーションの場が繰り広げられており、皆さんにお答えいたたいたアンケート用紙にも、たのしかった、勉強になったと、具体的にどんなことを今後活かすかまで書いてくださいました。

本当に開催できたことへの感謝と、守安先生のセミナーの内容作り、進め方、皆さんへの話しかけられ方の匠さに本当に感謝した一日でした。

 

守安先生は、宇宙がお好きだったり、ラブラドールやフルーツタルトがお好きだったりと、その点は、とってもかわいらしいお顔と、華奢なお体にピッタリなのに(年上の先生に向かって失礼な言い方ですが)、昔は合気道をされて、2段で黒帯とお聞きし、強い方でもあるんだなぁとびっくりさせられました。
聞かれた参加者さんたちも同じく驚きの声をあげられてました。
が、子育てのお話、今の箕面こどもの森学園でのお話、そして、人間関係構築のための大切さをこのように実例もあげ教えてくださる内容から
「華奢なのは見た目だけ、いろんな経験を強さに変えてこられた方なんだ」と毎回、実感させられるのです。

いつもこちらのことも細部まで気にかけて下さり、人として見習いたいところだらけで尊敬します。

これからも1回でも多く、守安先生とこのような機会をもたせていただければと進行役の私は願うばかりです。

 

すごく暑い外の気温と同じくらい、熱い会になった今回のセミナー。

今回参加出来なかった!という方も「まず自分を大切に、そして相手を大切に」を心掛けて、少しでも気持ちの良い毎日をお過ごしくださいませ。

 

今回、看護師さんならではのエピソードも参加者の方からうかがいました。

そのなかで、しんどい思いをされてる方に励ますだけが看護じゃないこと、手と目で看るのが看護であること、などなど書ききれない素敵なお言葉をお聞きすることが出来、またひとつ、看護師さんのお仕事がどれだけ尊くて、かけがえのないお仕事であるか実感させられました。

もっともっと看護師さんのお仕事を知りたい欲求にかられてしまった私なので、これからお電話でお話するとき、今まで以上に、色々質問してしまったらすみません!

9月には、大人気の心電図セミナーを開催します。

また一人でも多くの看護師さんにお会いできるよう、顧問の楠本、そしてコーディネーター一同お待ちしております。

残暑の中、皆様の笑顔が少しでも増えますよう、私達でお手伝いできることは全力で頑張りたい、そんなやる気をくださった、セミナーの報告でした。

●今後のセミナー・登録会・イベント情報はこちら
https://www.medicalstation.co.jp/event/

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

7月単発登録会のご報告です

こんにちは!コーディネーターの小倉です。

例年よりも梅雨入りが遅く、気持ちが上がらない天気が続いておりましたが、ようやく梅雨も明けましたね!
7月は単発登録会を3回開催し、計21名の看護師さんとお会いすることができました。

そして、今回の登録会には、既にご登録完了されている2名の方にも参加いただきました!

『登録会』というので、新しく登録する方のみが対象だと思われるかもしれませんが、元々ご登録されている方も『不安な点を解消したい』『登録内容に変更がある』『単発の仕事内容を詳しく聞きたい』などがありましたら、お気軽に参加いただけます!

また、単発も気になるし、転職相談もしたい!という方にも単発登録会はオススメです!
登録もできて、単発の説明も聞ける、その上、担当コーディネーターと個別で話す事が出来るので一石二鳥ですよね♪

実は先日、『単発登録会の流れ』についての紹介ブログが更新されています!
見ていただいた方はご存じかと思いますが、所要時間、登録会の流れや内容について書いてありますので、気になる方は覗いてみてください♪
(単発の流れブログはコチラ

また、9月、10月には、皆さんから大人気のツアーナースのお仕事もたくさん入ってきます!!8月にご参加いただく方は、具体的なスケジュールをご覧いただけるかもしれません!

8月の単発登録会は、全て午前中に開催予定です!
ぜひ、ご参加ください。

≪8月登録会開催予定≫

8月8日(木) 11:00~13:00

8月22日(木) 11:00~13:00

8月29日(木) 11:00~13:00

予約制となっております。お気軽にお問合せ下さい。
https://www.medicalstation.co.jp/event/

※場合により、開催日時を変更する事もございます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

遠隔介護ブログ(第19回)

こんにちは、コーディネーターの渡邉です。
遠隔介護ブログ19回。

今年はなかなか梅雨が始まりませんでしたが、始まるとほんとにジメジメが続きましたね。

我が家では、主人&お友だちと埼玉県までプロ野球の観戦に行ったり(ついでに東京観光もしたり)、甲子園球場で開かれたプロ野球のオールスターゲーム観戦したり、何かと「野球好き」にはたまらない1ヶ月を送っております。
が、母が末期がんとわかった12年前からなんとなく、先々の予定をうめることに不安がつきまといます。

家族になにかあると、この予定は行けなくなるんじゃないかな、、と。
それは自分も同じことで、この日まで、健康でいれるかなとか、けっこうマイナスなことをいっぱい考えてしまう癖がつきました。
うちの主人は、そのあたり「毎日一生懸命生きて、前向きに考えてたら案外なんとでもなる」と思う人なので、行けなくなればキャンセル、もしくは誰かに権利を譲れるならそうすれば良い、あかんかったら諦めよう、そのへんの割り切りが気持ちいいくらい出来ていて、羨ましいくらいです。
お子さんがおられる方もきっとそうですよね。
何か大事な予定があるときに限って子供が熱を出す。。とよくお聞きします。
でもそういう「行けないかもしれない事態」を予想し怖がっていたら、ずっと自分の「欲求」が満たされないままになっちゃいますよね。危険度予測は大切ですが、何か起こったときになんとかする力を養うことはもっと大切なのかもしれません。

この12年、先々のいろんな予定がうまることに怯えていた私に、1番大きな出来事だったのは、いま勤めている会社、このワークステーションに入社し、まる1年で迎えた研修旅行でした。
3泊5日の旅行。
その頃はまだ祖父も施設に入らず、家にいましたので、父と祖父の2人暮らし。
喧嘩をするたびに電話が鳴ります。父が怒ると、祖父が、勝手口のところで頭を打って倒れたふりをして救急車で運ばれたこともありました。(実際、ふりだったのか、本当に倒れてたのかは未だに謎です)

今まで夫婦の旅行で、1泊くらい家をあけることがあっても、5日間もインターネットを接続してない父と連絡をとれないという日を経験したことがなく、最初は「私が家をあけていいんだろうか」とほんとに悩みました。
よく考えたら、日頃離れて暮らしてるんだから大したことはないんですが。
以前、母がまだ病気になる前、私が結婚する前、両親と私と弟と4人で行こうとしていた旅行の、直前に祖父が脳梗塞で倒れ入院し、重度ではなかったものの、たった1泊中でも、もし何かあったらあかんからと、旅行をキャンセルした(キャンセル代も半額くらいは払う時期にまできてました)ことを思い出し、ほんまに何かあったらなぁ、身動きとれへんしなぁと思ってました。
でも、高齢者の親族と向き合う時間はいつ終わりがくるかもみえず、何年その状況が続くかもわからない。それこそ状況が良くなることより、しんどくなることのほうが大いにありえる。
なら、旅行で家をあけれない理由に、祖父や父の暮らしをあげるのではなく、2人がいたときでも家をあけれるようにするにはどうすればいいか。
これは必要にかられたときに、その都度、考えていくことが自分の余分なストレスを減らすためにも大事なんだろうなぁと考えることが出来ました。
実際はなんの問題もなかったですが。
要介護のお身内がおられる方々も、ショートステイなども利用しながら、ちょっと介護を忘れて自分のために自分の時間を使うリフレッシュって、すごく大事なことなんだろうなぁと思います。
家族と向き合える日と、ちょっと一人になりたい日。
ちょっと心を弾けさせたい日。
地域の福祉サービスで何か利用できるものがあるなら利用していくのも、経験値にもなりますし、家族みんなの心身の負担を軽くするために必要なことかもしれませんね。

この遠隔介護ブログでも、地域への相談、ケアマネさんとの連携、福祉サービスの利用などいろいろ提案させていただいてますが、1年半、書かせていただいてても私にも先に進んでない問題、いつも頭の片隅にあるのに動けていないことがあります。
それは、空き家問題です。
いろんなかたにアドバイスいただいてもあと一歩の勇気や具体的な行動ができてません。
空き家問題を抱える方も非常に多いと思いますので、またなにか私が動けた際には報告させていただきたいと思ってます。

写真は埼玉の所沢、西武ドームに行ったときのもの。
グランドに書いてある言葉が心に響きすぎて撮影したものです。
「あれもこれも叶う、西武鉄道。」
私は、甲子園球場近くに住んでますのでよく甲子園球場には行きますが、たしかに、たった1回行った西武ドームで野球好きの私が叶えたい「あれもこれも」は叶いました。
8歳のときから35年憧れていた西武ライオンズの本拠地に立てたこと。
1番の願いが叶った思い出の日の1枚です。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

『単発登録会』の流れをご紹介します。

こんにちは!わくめでぃです(^^)
三連休は梅雨らしいお天気でしたね。

近畿地方の今年の梅雨入りは6月26日頃で、平年より20日ほど遅かったようです。
となってくると、梅雨明けの時期が気になりますよね。気象庁のデータでは、平年の近畿地方の梅雨明けは7月21日となっているので、梅雨入りの時期と同じように20日ほど遅くなると、、、梅雨明けは8月!?
さすがにそれはないと思いますが、なんにせよ、早く梅雨明けしてほしいなと願うわくめでぃです。

さて、今回は毎月ご報告しております『単発登録会』について、どのような流れで行われているのかをご紹介いたします!

単発登録会の所要時間は1時間~1時間半となっています。
14時~の登録会の場合の流れをご紹介。

【13:45~】受付開始
14時の登録会開始まで、ご登録用の写真撮影や登録に必要な書類記入
などをしていただきます(^^)

◆ ご登録用の写真撮影
◆ 登録に必要な書類記入
(経歴や条件などを記入いただく登録シート、個人情報保護の同意書、給与振込口座、機密情報保護の誓約書、日雇い派遣の例外に関する確認・誓約書など)
※14時の登録会開始までに記入が終わらない場合は、登録会終了後にご記入していただきます。

【14:00~】登録会開始

◆ 進行役よりご挨拶
コーディネーターの渡邉と小倉が交代でおこないます!

◆ 配布資料のご説明
弊社パンフレット、単発のお仕事、単発メルマガ配信などについてご説明します。

◆ 単発の仕事内容について詳しくご説明
スライドをつかって、単発の仕事内容をひとつひとつ丁寧に説明します。
(健診・クリニック・デイサービス・サ高住・訪問入浴・イベント・ツアー・コールセンターなど)

◆ 単発でお仕事をしていただく上での注意点のご説明

◆ 単発でお仕事をしていただいた時のタイムシート(勤務記録)の記入をご説明

ご説明終了後は、担当より、個別にお声掛けし、ご質問がないかなどの確認や、ご興味を持たれた仕事への対応・お申込み、単発以外のお仕事のご相談などを行っております。
説明~個別相談の待ち時間に、最新の単発スケジュールも確認いただけますので、当日に希望される単発のお仕事のお申込みもいただけますよ!

【~15:30】
終了・解散は、ご相談が終わった方から順に15時~15時半頃となります。

単発登録会で、皆様にお会いできることを心よりお待ちしております。

≪7月・8月 登録会実施予定日≫

7月24日(木) 14:00~16:00

8月8日(木) 14:00~16:00

8月22日(木) 14:00~16:00

8月29日(木)11:00~13:00

予約制となっております。お気軽にお問合せ下さい。
https://www.medicalstation.co.jp/event/

※場合により、開催日時を変更する事もございます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

6月単発登録会のご報告です

こんにちは。コーディネーターの小倉です。

毎月、こちらのブログを書きながら感じるのは、渡邉の「遠隔介護ブログ」「各種セミナーブログ」のボリュームある内容、、
特に遠隔介護ブログは、介護の経験がない人にも家族の介護をする日々のことが伝わってくる、とてもリアルなものになってます。皆さんも是非読んでみてください♪

さて、本題の6月度の単発登録会のご報告です!!

6月は計17名の看護師さんとの出会いがありました☆
先月は1日で10名以上の方に参加いただきましたので、今月は先月よりも落ち着いてご面談をさせていただけたと思います。

今月の参加者の中で最も多かったのが「扶養内収入希望」の方です。
看護師さんの時給は、事務や接客業よりも高い場合が多いので、1日8時間勤務を週3日、病棟で勤務しようものなら扶養控除範囲(103万円)は簡単に超えてしまいます、、

その点、単発勤務だと日数や時間を自分自身で管理できるというメリットがあります!

家にいても退屈、、仕事がしたい!という看護師さんにはオススメです☆

また、単発登録会をしていてよかったな、と思った出来事が2つありました。

1つ目は、『ワークステーションさんは登録会で、担当者の方と会ってしっかりお話できるので安心です。』と言っていただけた事。
こちらの看護師さんは紹介・派遣会社に登録をするのも、単発でお仕事をするのも初めてだったそうで、まずはワークステーションがどんな会社なのか、知った上で仕事をしたいと思い、単発登録会に参加いただきました。
『Face to Face』お会いする事を大切にしておりますので、その一言がとても嬉しかったです。

2つ目は、以前登録会へ参加した方が、長期的なお仕事を紹介して欲しいとお声掛けくださった事。
お仕事のご紹介、ご面談、ご入職までスムーズにお話を進める事ができました。
以前に登録会に参加した事を思い出してご連絡をくださったそうです。
一度お会いする事で、ご縁が広まっていくのだなと実感した6月でした☆

そんな単発登録会ですが、7月は3回開催致します!

皆さまのご参加お待ちしております♪

 

≪7月 登録会実施予定日≫

7月4日(木) 14:00~16:00

7月11日(木) 14:00~16:00

7月24日(木) 14:00~16:00

予約制となっております。お気軽にお問合せ下さい。
https://www.medicalstation.co.jp/event/

※場合により、開催日時を変更する事もございます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

遠隔介護ブログ(第18回)

こんにちは。コーディネーター渡邉です。
遠隔介護ブログ第18回。

今回のテーマは「かわいい嘘、許せる嘘」です。

人は時として、相手のために嘘をつかないといけないときもある。私は常々そう考え、一生、嘘をつかずに生き通せる人なんていないと思います。

私自身の忘れられない嘘は、大学時代。
友だちが一目惚れした男性がいまして。挨拶するくらいの仲にはなったんですが、なかなか告白出来ないし、デートにすら誘えない。
私はその男性とちょこちょこ話せる仲だったので、彼女がいないこともわかっていて、なんとかならないかなぁと考え、その告白出来ない友だちは、やさしいし面白いし賢いし可愛らしいし、絶対オススメの女性だと思ったので、その友だちに「こないだ○○君(その好きな男性)が、あんたのこと、可愛いなぁゆうてたで。いけると思うで」と、その男性がゆうてもないことを言ってしまいました。
でもその一言で彼女はデートに誘う事を決意、そこから、数年後。
2人は結婚し、今はお子さんたちもすくすく育ちとっても幸せそうにやってます。

これは、とりあえず、成功の嘘。

でもやっぱりちょっと罪悪感はあり、本人達には話してませんが忘れられない嘘です。

 

前置きが長くなりましたが、この遠隔介護ブログの主役である私の父は、こんな嘘が多いのです。
人のためというより、自分のための都合あわせの嘘。

でも、よくお年寄りとお話してると、自分の都合のいいように過去の思い出話をすり替えるというか、記憶ごと変えてしまってるなぁと、それは認知症というのではなく、人に語りやすいように美しいように思い出話を替えられて、何度でも聞かされるなぁということありませんか?
父は日常茶飯事。

例えば先日、私が平日に休日出勤の振替休日をいただき、実家の平日しか出来ない用事を片付けに帰ったときのこと。
その日、父はデイサービスの日だったんですが、自分が私と買い物に行きたいからとデイサービスに休むと電話したんです。ケアマネさんからは「お父さん、デイサービスに来られてるほうが、めぐみさん掃除とか用事しやすくないですか?大丈夫ですか?」と私の状況までわかってお電話くださったんですが、本人がもう買い物に行く気でいるのでしょうがないですね、となりました。

でも、デイに預けてる薬、休むならその日の分は取りに行かないといけなくて、父に会う前にデイサービスに行きました。
電話をくださったケアマネさんではなく、デイの所長さんとお話すると「娘がデイ休めゆうねん、自分が帰る日はお父さんにおってほしいゆうて、せやから休むわ」と、朝から父が電話で話したとか。

なんという嘘。。自分の気持ちじゃなく私のせいにしてます。そのうえ、前日、デイから近所のショッピングモールにお買い物に連れてってもらう遠足のようなものがあり、介護職さんにつきあってもらいながら、服買いたいと言ってたのに、介護職さんから「服はめぐみさんに選んでもらい、今日は食料品買おう」て言われたから服買ってへんねん、だから今日行きたいと買い物を私にねだってきたのに、所長さんいわく、実際は、何回も介護職さんが「服みーひんの?」と聞いても「娘と見るから今日は食料品買いたい」と自分が言ったそう。。

全く逆です。

ただよくよく聞くと、父以外の利用者さんがみんな、食料品に行くと言われてたそうで、おそらく寂しかったのか、もしくはほんとに私と服を見たくなったのか、真意は定かではありませんが、これもほんとに両方にうまいことついたつもりの嘘が翌日にばれるという事態。

身体に色々不自由がきているのに一人暮らしというしんどさもある中、誰にどう伝えれば自分が少しでも快適に思い通りに過ごせるか考えてこその、口から出た嘘だと思うので、所長さんとも「手かかるけど、一人で頑張って暮らしてるからなんにも言えないです。」と話させてもらいました。

子供もよくちっちゃな嘘ってつきますよね。
でも、誰かを陥れたり、誰かにおっきな迷惑をかけるものでなければ、怒らず騒がず、聞き流すということは、自分の心も穏やかにしてくれると母が亡くなってから、父と密にコミュニケーションとるようになって学びました。何が本当でも、別に今の状況が大幅にかわることもないですもんね。

でも、身内はいいですが、あんまり外でこんなちっちゃな嘘ばかり言ってると、いざというとき信用してもらえないと思うので、いくら自分をかまってほしいための嘘でも、つきすぎたらあかんよとさらっとは父に言っておかねばと思います。

そんなこんなの父の日もあった6月。

 

先月末に、私は以前からファンクラブに入っているサザンオールスターズのコンサートに行ってきました。
今までも行ってますがメンバーの皆さんのご年齢を考えると、15年くらい前から「これが最後かな、今回が最後かな」と毎回ドキドキするんです。
実際、11年前の横浜まで行ったコンサートは、とうぶん活動自体休みますと言われてたし、そのあと、ボーカルの桑田佳祐さんも大病されていたので、ほんとにもうコンサートはないのかもと思ってました。
が、65才を越えたメンバーの方々で作り出されるステージ、今回は3時間半以上もあり、エネルギッシュでしかも、桑田さんは1曲1曲歌い終えるごとに「ありがとう」とお辞儀しながら何回も言われるのです。
桑田さんもまたファンにコンサートで会えること、きっと大病もされ復活されたから余計にありがたいと思ってくださってるんだなぁと思いまして。
そして、コンサートラストには「また絶対会おうね」と言ってくれました。
お歳を考えてもその言葉がとても嬉しくて。

私の母は、氷川きよしさんのファンで、毎年コンサートに友人たちと行ってまして、亡くなる年も、チケットとってとても楽しみにしてたんですが、待ちに待ったコンサートの前日に、肺ガンで亡くなりました。母の友人たちは、母の写真を持って、当日、氷川きよしさんの歌声を全部聞いてきてくださいました。

そしてその友人たちは今も毎年、氷川きよしさんのコンサートに行き、そのチケットは母が生きてたときと同じく私がインターネットで申し込みします。
私は行きませんが、それを続けさせてもらうことで、母がいつまでもその方々と一緒に氷川さんの歌を聞けているような気持ちになります。

そんな母の切ない想い出や、つんくさんがもう歌えない状況になられたことなどから、自分が10代や20代のときには考えたこともなかった、

「コンサートに行けるのは当たり前ではない」「コンサートを開催してもらえるのも当たり前なことではない」ことを思い知りました。

だからこそ余計に今回、自分が元気でサザンオールスターズのコンサートの日を迎えられたこと、サザンオールスターズがまたコンサートをすると言ってくれたことなどに、とても感謝し、生きているこの1日1日を大切にせねばと思えました。

母の氷川さんコンサート友だちは、何かといまだにうちの家族を気遣い、5月には毎年、私の名前と同じトマトをたくさん送ってくださいます。
母から戴いた大切なご縁だと思ってます。

小さな嘘を自分の都合よく、さらっと言っちゃう父でも生きてくれてるだけでありがたい、そう思えるように。
ガミガミ言わないように、ガミガミ言いそうになったら私をこの世に存在させてくれてありがとうと感謝に置き換えて、穏やかに過ごしたいなぁと改めて思いました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

6月15日(土)在宅看護セミナーを開催いたしました

こんにちは、ワークステーション渡邉です。
先週土曜日、『在宅看護セミナー』を開催いたしました。

講師は、現在も訪問看護ステーションの管理・運営をされながら、看護·介護の現場で勤務される方々に講習·研修を行っておられる『三輪 五月』講師。

弊社でも、もうセミナーでご講義頂くのが6年目となります。

三輪先生は介護保険制度が始まる前から訪問看護のお仕事をされてきました。
きっかけは、子育てとの両立がしやすくて自分に都合がよかったからとおっしゃっていました。そんな普通のママさんナースだった中、就業されていた訪問看護。
介護保険制度が確立され、世間に訪問看護が浸透し、これからの超高齢化社会を迎える中で在宅看護がどんどん重要視される時代の流れを全て見てこられ、中心となって活躍されてきたとてもパワフルで知識が豊富な先生です。

弊社でも、三輪先生に初めてご講義をお願いした頃は、「訪問看護は大変そう」「自分の経験では未熟だから訪問看護では働けない」という看護師さんも多く、セミナーの中でも受講者はそこまで多くないという印象でした。

それが、今年。
ご予約は、今までの平均予約者15名の倍となる34名のご予約があり、当日の風雨の悪天候などもありながら、弊社の会場に用意された椅子の数ギリギリの人数の受講者さんに参加いただくという、大盛況となりました。

これもやはり看護師さんたちの意識が「これから在宅看護を学ぶことは看護師にとっても社会にとっても重要である」ということに徹底されてきた証拠だと思います。

 

私も訪問看護ではないですが、実家では週3日、1人暮らしの父のもとに訪問介護さんも来ていただいてますし、弊社でも昨年、「千里の森リハビリ訪問看護ステーション」を開所致しましたので、昨年まで以上に先生のご講義を具体的な例も巡らせながら必死に頭を使って受講致しました。
三輪先生はとてもお忙しい中で毎年、その年の需要に合わせてセミナー内容を変化させてくださっており、今年は

●介護保険と医療保険の違い
●看護師だから出来ること

の2点をとても丁寧に説明してくださいました。
そして、いつもより受講者さん同士の意見交換の時間も多くとっていただきました。

三輪先生は普段お話させていただくとき、めちゃくちゃ関西弁なんですが、ご講義もそのまま、めちゃくちゃ関西弁です。
なので自然とリラックスして、笑いもあふれるセミナー内容となるのですが、今回は弊社のセミナー自体初参加の方が6割以上ということで、ちょっと緊張感に包まれていたので、先生が笑わそうと思って言われた事も私以外の受講者さんは笑ってなかったり、という固い空気だったんですが、そこは臨機応変な三輪先生。
受講者さん同士で前後左右の方々と自己紹介、なぜ看護師になったか、どんなところで看護師を経験し、これからどんなことを目指していくかをまず話しあっていただく時間をとってくださいました。


そうなると、本来の看護師さんたちのコミュニケーション能力の高さで各箇所から笑いが起こったり、相槌が聞こえたり、ほんとに穏やかで賑やかな会場へと、一気に雰囲気がかわりました。
その後も訪問看護でされるお仕事内容の中で「看護師でしかできない事」の項目をあげていくことや、「この事例の利用者さんに看護師としてどんなケアプランをたてますか」というような事例を周囲で相談しあい、発表していただくような受講者さん同士の交流の時間もつくってくださいました。

周辺同士で話し合われた意見を、代表者さんたちが発表されるのをお聞きしてると、やはり素人の私には思いつかないような看護師としての意見を言われていて、さすがやなぁと。訪問介護と訪問看護の違いも先生のご講義+参加者さんたちの意見に教えて頂くとてもありがたい時間となりました。

休憩時間を迎える頃には、みなさん打ち解け、いろんな輪ができてとってもにぎやかな休憩時間となっておりました。
これも三輪先生の機転をきかせてくださったセミナー内容の進行のおかげです。

年齢層、経験もばらばらの看護師さんたちが和気あいあいと話されるところを見ると、セミナーを開催してよかったと、毎回、心底嬉しい気持ちになります。

 

セミナー終了後のアンケートにも書かれてましたが、先生がセミナー最初におっしゃられた「看護師はいつまでも働けます。頑張って資格とったことは報われるんですよ」の言葉で、もうそろそろ引退かなと思われていた60歳の看護師さんが「まだまだ頑張れる、社会貢献しないと思えた」という意見をくださったように、看護師さんはほんとに生涯現役のお仕事であるなぁと実感、そして三輪先生のように常に勉強され、看護だけではなく心理学、経営学など様々な本も読まれたり、内外部の様々な方とコミュニケーションとりながら、進化されていることをお聞きすると、自分も、もっともっと勉強出来る、進化出来ると、力強く背中をおされた気持ちになりました。

そのくらい、三輪先生の一言一言はいつも魂がこもり、聞く人のやる気を引き出すお言葉なんです。

人間としての逞しさ、強さを感じ本当に尊敬します。

 

今回は弊社の今年度の新卒新入社員2名も参加し、セミナー運営に携わってもらいました。

参加者の方々と一緒に受講し、意見交換の輪にも入らせて頂くなかで、看護師さんの専門用語もたくさんお聞きできたり、患者さんや利用者さんへの思いなども伺え、これからの自分の仕事にも沢山活かせることがあったという感想をそれぞれ述べてくれました。このブログの写真もその新入社員の蔵野が撮影してくれたんですよ。

そしてこの2名は、初めてセミナーに参加しましたが、準備から受講者さんお見送りまでをやりとげ、受講者様のいろんな方とお話もさせていただいてました。
これもきっと、歳の近い小倉先輩が準備や動き方などしっかりと指導した上で、本人たち自らも小倉先輩の動きを見て、一生懸命勉強した成果だと思います。この経験を今後に活かし、将来小倉先輩のような逞しい社会人に育ってくれたらいいなぁと思います(あまり逞しくない私がえらそうにすみません)

そんな今回もいろんな意味で大盛況に終わったセミナーですが、私にとっても嬉しいことがありました。

お一人、お電話では週に3回以上はお声を聞いている、登録看護師さんが初めてセミナーに参加してくださり、「渡邉さん~!」と声をかけてくださったんです。その方は、単発のお仕事を主にしてくださっているので、私が電話をとっても、単発担当にお電話をつなぐだけの一言二言のご挨拶程度でしか毎回お話できないんですが、その方がおっしゃってくださった言葉が、今、思い出してもほんわかします。
「あんた、電話でめちゃくちゃ関西弁やから好きやわ~落ち着くわ~」と。
一言二言で、私がふんだんに出してる関西弁、どんなものなんでしょう。
でも、それを初めてお会いしてすぐに言ってくださること、本当に嬉しく思いました。

三輪先生をめちゃくちゃ関西弁と書いた私ですが、私も敗けず劣らず、たった二言で関西人とばれるということは、ド関西弁なんでしょうね。

そんな嬉しいコミュニケーションもあり、今回もブログが長くなってしまいました!

 

8月、9月、そして11月も、セミナー開催を準備しております。
また詳細が決まり次第、ホームページにアップさせていただきますので、ぜひご覧いただき、ご参加いただけると幸いです。

私、司会もけっこう関西弁ですので、聞きに来て突っ込んでくださいませ!

次回は9月14日(土)13時より、「心電図の読み方セミナー&転職相談」を開催予定です。
今後のイベント情報は、ホームページでもご案内しておりますので、ぜひご覧ください。
詳細はこちら↓

https://www.medicalstation.co.jp/event/

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

5月単発登録会のご報告です

コーディネーターの小倉です。
2019年度5月の単発登録会のご報告です。

なんと今月はご予約人数が18名の日が、、!!
結果ご参加されたのは13名でしたが、予約人数は今までで一番多く、ギネス記録です!!

偶然かもしれませんが、単発登録会では必ずと言っていいほど、参加者の中に失業保険受給中の方がいらっしゃいます。
そんな皆さんは口をそろえて「家にいてもソワソワする」とおっしゃるので、やはり、看護師さんはアクティブな方が多いですね!
インドア派の自分のグータラ具合に情けなくなります、、

失業保険受給までの給付制限期間や、受給期間は勤務可能な時間が、週20時間未満や31日未満の就労など超えてはいけないラインがあるので、そんな方には単発での勤務が調整しやすいのかもしれませんね☆
ぜひ、ワークステーションの単発のお仕事を活用いただきたいです!
(管轄ハローワークによって異なりますので必ずご確認ください)

5月に登録会へご参加いただいた方は、健診の繁忙期だった為、たくさん単発のお仕事を引き受けてくださいました☆

すぐに勤務の予定も立てる事ができ、実際に担当者より具体的な説明がありますので、WEB登録や郵送登録よりも安心して勤務スタートしていただけますね♪

6月の単発登録会開催予定日は下記の通りです☆
ご参加予約のご連絡、お待ちしております。

6月6日(木) 14:00~

6月13日(木) 14:00~

6月20日(木) 14:00~

6月25日(火) 10:00~

予約制となっております。お気軽にお問合せ下さい。
https://www.medicalstation.co.jp/event/

※場合により、開催日時を変更する事もございます。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

新入社員にインタビュー:蔵野さん

こんにちは!わくめでぃです♪

今回は、前回につづき、ワークステーションメディカル事業部に入社した新入社員の蔵野さんへのインタビューです!
Theやまとなでしこ☆・:*+..何事にも一生懸命に取り組んでいて、応援したくなる蔵野さん!そんな彼女にインタビューしておりますので、ぜひご覧ください☆

蔵野 のどか


『お仕事をお探しの皆様をサポートさせていただくことが私の仕事ですが、経験も知識もたくさんお持ちの皆様から私自身が勉強させていただくことの方が多いかと思います。学ぶ姿勢を持って、その上でお役に立てるよう努力していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。』


編集部:休日は何をして過ごしていますか?(お決まりの質問)

蔵野さん:色々なところに出かけています!

 

編集部:社会人になって2ヶ月が経ちましたが何がいちばん楽しいですか?

蔵野さん:毎日様々な方とお会いして、たくさんのことを学び、ひとつひとつ知識を蓄えていることです。知らないこと、分からないことが多々ありますが、その都度教わり学んでいます。今この時期にしか、これだけのことを学ぶことはできないと思うので、しっかり学んで吸収していきたいです。

 

編集部:逆に何が一番大変ですか?

蔵野さん:担当させていただくエリアの路線図や地理を頭に入れることです。実際に足を運んで、早く土地勘をつけたいです。

 

編集部:医療の現場で活躍する方(看護師さん、介護職など)と関わって、どんな印象をうけましたか?

蔵野さん:命に関わること、生活に関わることなど、どれも大変なお仕事だと思います。ですので、とても尊いお仕事であり、そこで活躍されている方々を尊敬しています。医療のことも、人生の先輩としてもスタッフさんのほうがたくさんの知識をお持ちなので、毎回勉強させていただいています。

 

編集部:人材派遣・紹介のお仕事をしてみて、どういった感想をもちましたか?

蔵野さん:人生の大きな転機である転職や、お仕事探しの現場に立ち会わせていただけるお仕事ですので、とてもやりがいのあるお仕事だと感じました。そして、人と人との関わりから成り立つお仕事ですので、常に自分自身を磨いていくことが必要だと思いました。

 

編集部:最後に一言お願いします。

蔵野さん:たくさんの方々の人生の転機に立ち会わせて頂けることに喜びを感じ、成長と学ぶ姿勢を忘れずに頑張ります。どうぞよろしくお願いします。

 

ありがとうございます!
新入社員の蔵野さんでした♪

蔵野さんは、メディカルステーション・ホームページの社員紹介ページへも近日中に登場予定です(^^)他の社員たちの紹介と合わせて、ぜひご覧ください!

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

新入社員にインタビュー:岩本くん

こんにちは!わくめでぃです!
5月も後半になり、なんだか蒸し暑い日もでてきましたね。
今年もそろそろ梅雨入りしそうです。

今回は、4月にワークステーションメディカル事業部に入社した新入社員の岩本くんにインタビューを行いました!
スラっと背が高くていい感じに細身な岩本くん!ちょっぴり天然さんです(笑)
そんな彼にインタビューしておりますので、ぜひご覧ください☆

岩本 理来(リキ)


『社会人1年目の岩本理来と申します。
ワークステーションに入社して、2ヶ月が経過しました。先輩方や看護師の方々から、勉強させていただき、毎日感謝の気持ちでいっぱいであります。
一日でも早く社会人として、ワークステーションの一員として一人前の人間になるよう精進してまいりますので、たくさんご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくお願いします!』


編集部:休日は何をして過ごしていますか?(お決まりの質問)

岩本くん:予定があれば外に出ますが、予定がないと基本家にいて、野球観たり、youtube見たり、映画見たりしてます!!

 

編集部:社会人になって2ヶ月が経ちましたが何がいちばん楽しいですか?

岩本くん:会社の周りにはおいしそうなお店がたくさんありますので、それを探し食べることが1日の楽しみです。(金銭的には苦しいです…)

 

編集部:逆に何が一番大変ですか?

岩本くん:やはり覚えることがたくさんありますので、それを整理し習得することがとても大変だと感じています。

 

編集部:医療の現場で活躍する方(看護師さん、介護職など)と関わって、どんな印象をうけましたか?

岩本くん:精神的に負担のかかるお仕事という印象が以前から強かったのですが、それでも楽しいと思って仕事をされている方もたくさんいて、魅力的なお仕事なんだなと思いました。もっと看護師・介護職のお仕事に詳しくなり深く知っていきたいです。

 

編集部:人材派遣・紹介のお仕事をしてみて、どういった感想をもちましたか?

岩本くん:ただ求職者に対してお仕事を紹介をするのではないし、また、人手が不足している施設に人を紹介するといったような単純なものでなく、できる限り、求職者と求人施設・病院に寄り添い、お互いに満足できるお仕事紹介・人材紹介をすることが必要で、とても難しく大変だと思いますが、それ以上にやりがいを感じれそうな仕事だなと思いました。

 

編集部:最後に一言お願いします。

岩本くん:よろしくお願いします!!

 

ありがとうございます!
新入社員の岩本くんでした♪
岩本くんは、メディカルステーション・ホームページの社員紹介ページへも近日中に登場予定です(^^)他の社員たちの紹介と合わせて、ぜひご覧ください!

次回は、もう一人の新入社員、蔵野さん編です!お楽しみに!!

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします