スタッフボイスNo.3~働く看護師さんの声~

こんにちは!わくめでぃです^^
ワークステーションを通じて働いている看護師さんの声を、お仕事を探されている方にも届けたいという思いから発信している『スタッフボイス』!
3回目は、Wワークで単発のお仕事をされていて、その後、常勤の産業保健師としても希望の転職ができたAさんのスタッフボイスです。


企業/保健師/20代女性 Aさん

 月~金曜日は、産業保健師の仕事をしていましたが、看護師として培ってきた経験を埋もれさせたくないという思いもあり、土日に看護師として健診などの単発で働きたいと考え、ワークステーションに登録をしました。

単発の仕事予定が決まり、その後、企業の産業保健師を担当されているコーディネーターさんから連絡をいただきました。「ワークステーションは単発の仕事だけでなく、転職の相談も受けているので、産業保健師として転職をお考えではないですか?」と聞かれ、図星だったのでちょっとドキッとした覚えがあります。

当時勤務していた職場は、大手企業の健康保険組合の仕事で、保健師は1名という職場環境でした。以前は病院で看護師として働いていたので、産業保健に関わった経験がないままに、なんとなく自己流で仕事をこなしていました。
このまま継続し働いても、保健師としてキャリアアップにならないのでは…と考えることも多々ありました。未経験で産業保健師の仕事に就けた事は、ラッキーだったと思うのですが、わからないことを周りに聞くことができない環境に不安を感じていたのは事実です。

そんな思いを会話の中で察知して下さったのだと思いますが、今後のキャリアアップの為にはこんな職場が合っているのではないですかと、求人の出ている企業を提案していただきました。経験のある保健師さんが既に1名ご勤務されており、今後、保健師を2名体制にする為の求人である事、また産業保健師として自分がやってみたかったお仕事内容だったので、非常に興味を持ちました。そして、結果はどうであれ、応募しチャレンジしてみようという思いになりました。

提案いただいた企業の面接に至るまでは、応募書類の履歴書や職務経歴書などの作成や、面接時に想定される質問の対応法など、細かいアドバイスをいただき心強く感じました。
その後、企業から内定をいただいてからは、勤務開始日程の調整にもご尽力いただきました。入社までに用意する物等の指示もあり、不安を感じる事なく、初日を迎える事ができました。

ワークステーションに出会わなければ、今も前職で不安をいだきながら、仕事をしていたと思います。産業保健師の求人は少ないので、自分が望む企業に転職できた事に、本当に感謝しています。

今後は、産業保健師としてもっと経験を積んでいきたいと思います。

~ワークステーション 担当者より~

 保健師の仕事も様々あり、自治体の仕事や健康保険組合、企業の健康管理室など、働く場所によって仕事内容や対象者も異なってきます。
保健師として今後自分が何を求めているのか…明確な思いがあるほうが、お仕事は探しやすいのかもしれません。
企業側は、たくさんの応募者の中から複数面接をし、求める人材を採用したいという思いがあります。その中で、選ばれる人材になる為、どう企業にアピールするかが重要になります。履歴書や職務経歴書などの内容によっても判断され、書類選考が通らないという事もあり得ますので、企業がどんな人材を求めているのか、仕事内容や体制など事前に知り得た情報を正確にお伝えするように心がけています。

関西を中心に大手企業や学校と強い結びつきがあるからこそ、知りうる情報もありますので、できるだけ詳細をお伝えして充分な対策をし、面接に臨んでいただく事で、良い結果が生まれると思っています。

前向きで高い向上心のあるAさんのご転職のお力になれた事が、私にとってとても嬉しい出来事でした。弊社にご登録をいただき本当にありがとうございました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

スタッフボイスNo.2~働く看護師さんの声~

こんにちは!わくめでぃです^^
ワークステーションを通じて働いている看護師さんの声を、お仕事を探されている方にも届けたいという思いから発信している『スタッフボイス』!
2回目は、単発登録会に参加したことがきっかけで、転職相談を受けられ、現在はワークステーションが紹介した病院で活躍されているRさんのスタッフボイスです。


病院(臨床研究)/看護師/30代女性 Rさん

就職活動の間に単発ができればいいな、くらいの思いでワークステーションのホームページより単発特集を見てエントリーしました。
最初の電話で、コーディネーターの小倉さんとお話し、単発登録会へ参加する事になりました。就活は、治験コーディネーターを目指し、活動していましたが、なかなか自分の思うような就業先を見つける事が出来ずにいました。
単発登録会の際には単発のお仕事だけでなく、就活の事も小倉さんに相談しました。自分がなぜ『看護師』という資格を取得しようと思ったのか、今後の転職に欠かせない条件は何なのか、などを話し、自分に合いそうなお仕事もいくつかご紹介いただきましたが、治験では無い仕事内容だった為、お断りさせていただきました。

登録会後は、何度か単発で勤務させていただきました。就活の方はなかなかうまくいかず、治験という仕事に魅力を感じなくなり、臨床現場へ戻ろうか、デイサービスや有料老人ホームなどの福祉施設で就職しようかと考えるようになりました。
就活が終わらない事に焦りを感じ始めたころ、何度か連絡をくださった、小倉さんを思い出し、転職相談という事で再度お会いし、お話を聞いていただく事になりました。

転職相談の際には、自分が何で悩んでいるのか、不安に思っている事、焦っている気持ちを小倉さんにアウトプットする事で、より冷静に今後の自分の『看護師』としてのやりがいは何なのか、大事にする事・していきたい事は何か、今後、『看護』にどの様に携わっていきたいと思っているのかなど、自分の気持ちを整理する事ができました。そんな中で再度、臨床研究という最先端の医療を支える仕事を含む、数件のお仕事を案内していただきました。

そしてその中でひとつ、お話を進めることになりました。

病棟や外来での看護業務ではなく、臨床研究にご協力いただく患者様へ研究内容の説明や、研究に必要な書類作成、データ入力・抽出、担当試験の会議・外部の勉強会への参加等、今までの臨床の看護師の仕事とは全く違います。法人としてもしっかりした病院で、今後の医療に関して最先端の医療を研究する機関です。
正直なところ、案内いただいたお仕事の中で、優先順位は一番低い…というより、自分が苦手意識のある循環器系だったため、初めはお話を進めるつもりはありませんでした。

家族に相談すると、「そんな簡単に就業できる病院ではないし、有名な病院だから頑張ってみたら?」と言ってもらい、小倉さんにも「Rさんのお人柄、勉強熱心さを知っているからこそ、このお仕事をご紹介しました」と背中を押してもらい、苦手な循環器だけど頑張ってみようと思う事ができました。
その後、お話が進み、面接前にドクターの人柄や、必ず聞かれる質問事項、返答時の注意事項など教えていただき、履歴書や職務経歴書の作成もお手伝いいただきました。面接本番では、小倉さんから詳しいお話を聞いていましたので、さほど緊張する事もなく、スムーズに入職まで決まりました。

実際に入職してみると、小倉さんから聞いていた通り、人間関係は抜群に良く、不明な点があれば相談出来る環境が整っていました。仕事量は多いですが、それを上回る程、職場環境が良いので、今は楽しく仕事が出来ています。
その後も、ワークステーションからは単発の仕事を紹介いただき、気分転換に継続しています。
最初は単発のみと考えていましたが、転職の事までお世話になり、ワークステーションに登録して良かった。これからも単発のお仕事を通して繋がっていたいと思っています。

~ワークステーション 担当者より~

初めてお会いした印象は、「自分がもし入院したら、こんな看護師さんが担当だったら嬉しいな」と思う温厚な方。
単発登録会では、いくつか治験のお仕事の面接に行っていると伺っていたため、こんな病院もありますよ、とラフな提案をさせていただきました。

その後、何度も転職相談やお電話でお話をするうちに、Rさんの勉強熱心で真面目なところも知ることができました。
そんなRさんの一面を踏まえたうえで、初めにラフ提案をした病院が一番合うのではないかと思い、詳しく紹介させていただきました。
ご紹介先は、以前に弊社より紹介実績がある病院です。仕事内容は一般的な病棟や外来などとは違い、臨床研究がメインという希少なお仕事です。
最初は希望されていませんでしたが、お話を進めるうちに苦手な循環器にも関わらず、「勉強が出来るいい機会です」と言ってくださいました。その後は面談の調整や、提出書類の添削などのサポートを行いました。

ご入職後、現状をお伺いすると、「楽しいし、職場環境がとても良い」というお言葉をいただき、Rさんにこのお仕事を紹介して良かった、入職いただけて良かった、と実感しております。

今後もたくさんの看護師の方のお力になりたいと思っております。
ご転職相談の際には、看護師免許取得の経緯、やりがい、大切にしている事などをお伺いし、お一人お一人に合ったお仕事紹介が出来る様、心掛けていきたいと思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

スタッフボイスNo.1~働く看護師さんの声~

こんにちは!わくめでぃです^^
ワークステーションを通じて働いている看護師さんの声を、お仕事を探されている方にも届けたいという思いから、『スタッフボイス』を発信させていただきます!
1回目は、紹介予定派遣でお仕事をはじめられ、現在は正社員としてご活躍されているKさんのスタッフボイスです。


特別養護老人ホーム/看護師/50代女性 Kさん

ここ数年、クリニックや有料老人ホームなどで働いてきましたが長続きせず、自分がどうしたいのかどのように看護師として生きていきたいのか、どんな場所なら長続きするのか、全くみえずに悩んでいました。
以前、単発の仕事でも出来ればと思って登録していて、ずっと情報配信をしてくれているワークステーションを思い出し、電話をすると早速面談したいと言ってくださったので、何を話すべきか緊張しながらもコーディネーターさんと面談をしました。

1時間位でしたが、今まで退職してきたところの本当の退職原因が何なのか、転職するうえで何を大切にしたいと思うかなどを一緒に整理してくださり、自分の中でもやもやしていた「今までの退職理由の本音」と「今後、看護師としてどうなりたいか」が少しずつ見えてきました。
その時の求人の中で、自分の希望条件に近いものを教えてもらい、具体的な将来について相談。もちろん、希望条件も言い出したらきりがないですが、どんなに給与が希望どおりでもハードすぎたり、人間関係が良いと言われて入っても自分には合わなかったりなどもあるため、条件をあげすぎず、大事と思う「通勤距離(子供と主人のお弁当を毎朝作る為遠方過ぎると朝の負担が大きい)」「離職率が高くない」「日勤のみで給与手取り額が○万円以上」という3点にしぼり、案件をコーディネーターさんと整理。

その中でも、派遣からスタートして正社員になれる紹介予定派遣の仕事で話を進めることになり、施設面談には営業の方が同行くださいました。面談時間より少し早めにお会いし、とても丁寧に施設の内容やどんな看護師の管理者がおられ、どんな雰囲気かもお聞きし面談にのぞみました。

施設は苦手だった特養。自分では有料老人ホームがよかったのですが、その壁も一度壊してみて、心をまっさらにして挑んだ面談です。

それから半年。派遣でスタートし、少し遠いかなと思っていた通勤距離も苦にならないくらいの信頼出来る上司、相談出来る同僚に出会え、無事に正社員になり、定年まで一生働きたいと思いながら毎日を過ごしています。
もちろんしんどい事もありますが、利用者さまの笑顔に励まされたり、しんどい時は介護職さんも含め同僚に打ち明け、アドバイスをもらいながら、自分が心を開けば相手も自分を信頼してくれる、という信頼関係の成り立ちも再度学べた気分で、気持ちも明るく前向きに勤務できている日々です。

あのとき、ワークステーションを思い出してよかったと、今は本当に思います。

~ワークステーション 担当者より~

明るくて親しみやすい性格のKさん。

でも、初めてお会いしたときは、どの職場もうまくいかず、落ち込みがちで、もう正社員ではどこも無理ではないかとおっしゃられていたほどでした。面談ではこれまでの職場のお話を伺い、これからの希望条件を整理していきました。

ご提案したのは、弊社からご紹介実績があり、とても信頼できる看護管理者の方がおられる施設でした。
これまでの職場のお話を伺ったときに、Kさんに頼れる上司がいなかったことも退職につながる問題だったのではないかと思い、その点もしっかりお話し、まずは派遣で続けられるか見極めましょうとお話ししました。
Kさんは、お子様が受験生で、受験の時に娘さんに付き添うため、まとめて休みがほしいという希望もありましたので、有給休暇紹介率が100%だということ、連休もとりやすいこともお話しをしました。

そして半年が経ち、今は「定年まで頑張りたいです」というKさんの言葉に、私自身が励まされています。
転職活動をされる方がどんな事に悩まれ、どんな希望を持ち、どんな将来を思い描いておられるか、しっかりお話を伺うこと、お仕事相談をすることの大切さを、改めて勉強させていただきました。
これからも、正確な内容と職場の雰囲気まで伝えられるお仕事提案をしていきたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪