28日のなぞ

めでぃおです。ご無沙汰しております。

逃げる2月が終わろうとしています。
特に今月は28日しかないわけですから、
拍車を掛けて早く感じますね。

Googleで「2月 28日」と検索すると、
その次の言葉は「なぜ」と出ます。
きっとみんな知りたいんですよね。

このなぜ?の結論は、
今私たちが使っている暦は古代ローマの暦を元にしていて
現在の2月にあたる月が1年の終わりの月だったため
とされています。

暦も古代ローマの君主によって様々な変遷をたどり、
宗教的な考え方やその時の文化で
月の数や日の数も変わってきたようです。

でも、2月が28日しかないことで、
月の1日の重みが変わるわけですから、
マンネリに30と31が続くよりは
いろんな意味で私たちに刺激を与えてくれますね。

▼参考
http://www.nao.ac.jp/faq/a0308.html
大学共同利用機関法人
自然科学研究機構
国立天文台
質問3-8)どうして2月だけ28日しかなくて、日数が変わるの?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
励みになりますのでクリックお願いします♪

「定年後の復職」スタッフVOICE更新♪

わくめでぃです!
月1回で更新しております「スタッフVOICE」。
カテゴリーは「転職」「結婚」「出産」「復職」となっていますが、スタッフの皆さまの体験は枠に当てはめるだけでは表現しきれない、様々なストーリーがあります。

今回は、40年のベテラン看護師さんが65歳で病院を定年退職され、67歳で福祉施設に復職されるお話です。
定年退職は、いわゆる「一区切り」のタイミングですが、社会との接点を持ちながら活き活きとお仕事をされている様子を見ると私たちも励まされます。

わくめでぃの父は65歳ですが、60歳で定年をし、今は農業をやっています。
かなり力仕事なので、体力は私よりもずっとあって逆に心配されるぐらいです。それでも元気な様子を見るととても安心します。

今回の「スタッフVOICE」のような成功体験を読むと、とても励まされますし、そんな頑張っていらっしゃる方のお仕事探しに、お役に立てて喜んでいただけたことが、ワークステーションとしても、とても嬉しいことですね!

地域福祉に貢献したい気持ちで定年後の復職に成功!Vol.43
https://www.medicalstation.co.jp/system/voice/index.html

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

失敗と希望条件

わくめでぃです!
昨日のお部屋探しについての更新の続きです。
お仕事探しや、はたまた人生のパートナー探しにも通じるかもしれません。

お部屋探しには、ゆずれない条件設定が大事だと学んだ、と書きましたが、その条件はどこで気が付くのだろうと考えてみたところ、だいたい失敗から学ぶことが多いことに気が付きました。
誰も失敗は繰り返したくないですもんね。
自分自身が成長して克服できる失敗もあれば、外的要素でどうしようもないこともあります。

わくめでぃは、住まいは日当たりも大事ですが、実はこれは第二候補でして、一番重要視していることは防音です。
ただこれは厄介なことに、騒音から回避するためには「環境」「階層」「角部屋」「防音壁」などたくさんの条件をクリアしないといけません。
それにベランダに洗濯機があるとそれも騒音になりかねないし、1階にお店があれば人の出入りや話し声が気になるなど、住んでみないと分からないこともあります。
住んでいるうちに慣れて気にならなくなるかも、と思って住んでみたらやっぱり大失敗で、寝るときは耳栓が手放せない時もありました。
周りの生活音はとても気にするのに、なぜか踏切や電車の音は気にならないなど、思わぬ妥協点も見つかったりもしました。
そんなこんなで今の部屋を探すときは、地元の不動産屋さんにかなりわがままを言いましたが、希望沿線と違う沿線の場所を提案されたときは目からうろこでした。
でも、最上階の鉄筋コンクリートと、条件はかなり満たしていたので即決で、今も問題なく暮らしています。

お仕事を探されている方も同じように、今働いておられる状況や環境で大変なことや回避したいことを教えて下さる方もたくさんいらっしゃいます。

私たちはそれを手掛かりに、条件を見定めて、お仕事をご提案したく思っております。
働くうえで気になることがあれば、失敗談でもなんでも、ぜひワークステーションに教えてくださいね。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

得した気分

そろそろ年度末。3月末は卒業式、4月は入学式。出会いと別れの季節です。
ご自身やご家族の移動や転勤、転職など、人材会社に勤めていると、たくさんの方の転機を目にする時期でもあります。
それは置いておいて、春は引っ越しのシーズンでもありまして、わくめでぃの隣の部屋の住人も先日引っ越して行きました。
当分空き部屋かと思いきや、物件サイトに載るやいなや、すぐに新しいお隣さんが引っ越して来られました。
物件サイトを見ると、わくめでぃが借りている金額よりも高い!
同じ間取りで同じ条件なのになぜ家賃が違うのか。
それは、わくめでぃが引っ越してきた後に、駅前にスーパーができました。直後クリニックモールもでき、5月にかけて開院されるそうです。
まわりがグッと便利になり、住まいの需要も高まり、家賃も上がったわけですね。少々高くなってもすぐに入居者が入ったということは、最寄りの家賃相場も上がったのかもしれません。
そんなわけで、安い時期に入居した後に便利になっていったのでとても得した気分です。

わくめでぃは8回転居を経験しましたが、住まい探しもお仕事探しも似ているかと思います。
ゆずれない条件は必ず設定して、あとはその他の条件と家賃の折り合いをつけながら探します。
そんな条件も年齢やライフスタイルによって変わってきますので、今の自分がその場所に住んでどんな毎日を過ごすのか、想像することが大事ですね。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

わくめでぃもタブレット☆

わくめでぃです!
本日は、自分のブログをかく前に、楠本顧問のブログを読みました。

私にもタブレットが使えます!(猫のめせん)

実はわくめでぃも、昨年の12月にタブレットを購入したばかりで、とてもタイムリーな話題だったので興味津々です。

パソコンはもちろん、スマートフォンも、タブレットも、所詮は道具ですので、用途は持ち主によって多種多様です。
顧問も好奇心という側面から、タブレットを使いこなされています。決められたことに使うだけではなく、必要と感じることを見つけることが大切なんですね。

私は主に調べごとに使ったり、映画を観たり、PCでも出来ることに使っていますが、気軽に持ち歩けることに価値があります。
もちろんスマホも持ち歩けますが、画面も小さいため作業には向いていません。
有料ですが、映画をダウンロードして、外で鑑賞することすることが多いですが、それだけでも時間が有効活用できますし、帰宅すればテレビで続きを観ることもできます。手持ちのタブレットは防水なので、長風呂のお供にもなりますね。

新しいことを始めようということは、とても気合がいることですが、専門家の手を借りるなりして、興味を持つことはとても良いことですね。
私の父も、65歳にして初めてスマホを手にしましたが、なかなか使いこなせずただの電話機と化していました。
父に、スマホで何がしたいかと聞いたところ、天気と地図が見たいとのことだったので、ラクラクホンもどきのHOMEアプリをダウンロードし、よく使うアプリのボタンに地図アプリと、天気アプリをセットしたところ、喜んで活用し始めました。

しかし、デジタルオンチの父までスマホを使うようになるとは。本当に浸透しているんだなーと感動します。

当社のホームページで、お仕事探しをされている看護師さんも、半分以上がスマートフォンを利用されています。
情報を発信している私たちも乗り遅れないよう、がんばってついていかないと…

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

電子マネーの活用

わくめでぃです!
9月ごろに、財布を忘れてPitapaで乗り切ったことをブログに書きましたが、学習能力がないせいか、今日も忘れてしまいました。

Pitapaは定期入れに入っているので、財布がなくても特に不都合がないのが問題かと思います。
ただ、今回は違う電子マネーを持っていたので、ランチ代を社員のだれかに借りることなく、一日を無事終えることができました。

持っていたのはスタバカードで、定期入れに挟まっていました。
残金は残り僅かでしたが、Pitapaのクレジットカードを利用して、スタバカードをチャージすることができ、お昼はスタバで優雅に過ごすことができました。
ついでにお昼に、オートチャージの設定をしたりなど、次回をもっとスムーズにこなせるようにしました。
スタバカードにクレジットカードからチャージすると、ポイントがたまるので、かえってお得ですね。
おサイフケータイにも対応できるようなので、さらにおサイフケータイの設定も済ませ、財布忘れ対策も万全です!

財布を忘れないように気を付けるのが一番ですが・・・・

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

鬼は内?

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。
一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

WIKI「節分」より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86

わくめでぃです!
日本人はお祭り好きなのか、企業の商戦なのか、やはり恵方巻きも飛ぶように売れるし、テレビも朝から節分色が強くて、なんとなく浮き足が立ってしまいますね。

風習は地方によって様々ですが、皆さまはどのように節分を過ごされますか?
わくめでぃの地元は、普通に大豆を撒いて、年の数だけ食べますが、なぜか仰向けに寝転んで食べました。ネットで調べてもそのような記事は見つからず、もしや私の実家だけの習わしなのか不安になってしまいます。ちなみに営業の法澤さんに聞いたら「全部食べる」とのこと。
中谷さんと寺井さんは「年の数プラス1(数え年)」と教えてくれました。有力ですね!

習わしといえば、豆まきの掛け声は「鬼は外」というのが一般的ですが、鬼を祀っているお寺などは、「鬼は内」と言うそうです。確かに鬼子母神さんとか、出て行かれると困りますもんね…。

今日は寒さのピークとあるように、本当に寒いです。
皆さまもお体に気を付けて暖かくしてお過ごしくださいね

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
励みになりますのでクリックお願いします♪