梅雨時の嫌~な感じ・世の中おもしろ恐るべし~な感じ

ここ数年は、異常気象の異常さに恐れを感じつつも、
不謹慎ながら遠巻きに眺めていた感が強くあった。
が しかし、最近の異常気象の在り方は、野別隈なく押し寄せてくるって感じ。
この異常さがもたらす異変は、
身近に異常な出来事で迫ってくる感じがして恐れてしまう。
異常気象・自然災害が身近にもたらされるから、
ニュースを軽んじて聴いていることはできない。
皆様いかがな思いで、最近の空梅雨騒ぎ、その後にくる全国的豪雨、
あちこちに起こる竜巻、繰り返し襲ってくるみたいな予告情報(予報)等々、
決して侮って聞いてはいけない軽々しく眺めていてはいけないと思いませんか?

今年の梅雨時はまだまだ、嫌~な感じ。カラッとしないね。

そんなこんなの騒ぎの中、政治的には摩訶不思議で不愉快極まりない「忖度」論争、
「印象操作」の誤った使い方、どさくさに紛らせて成しえる責任放棄な議論、
いろいろあきれて言葉が出ない空議論が繰り返される一方、国会議員のあり得ぬ行状。
次から次へとスクープされて画面・紙面は、賑わっている。

特に女性議員の秘書への罵倒などは、最初は、なんだなんだこれは…?!
と思ったものの、こう何回も流され記事になってくると、面白く笑えてくるものだ。
男の世界ではあんな罵声罵倒はよくある話とおっしゃる人もいて、
庇っているのか何なのか…?
男社会でよくある話ながら、女社会ではまだまだはばかられる事をこの女性は、
手当たり次第にやってしまうという常習犯。議員2期務めしてきたこれまでに、
何のお咎めもスキャンダルも出なかったのだから、お見事な統制力(???)

世の中の異常な人模様を、面白がってはいけないけれど、
あほらしくもあり恐るべき世の中になってきたものだってな感じだね。
皆様!!しばし緊張!緊張!だがしかし、穏やかに誠実に生きよう!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

遅くなりましたが…歯のはなし

6月は、6月4日の語呂合わせにちなんで、
ムシ歯の予防週間キャンペーンは浸透してきていて、
なかなか効果ありの良き状態になってきている(という)。

私は小さい頃より、何故か虫歯菌に大いに見込まれ
(というのは、甘いものをそんなにのべつくまなく食べさせてもらったわけではなく、
むしろ、ささやかな食べ物による栄養不足による
虫歯菌のお見舞い(付着)ということだろうか?
あるいは小学校、中学校時代の活動が活発過ぎて
(器械体操なんかやらかして、大きな転倒による前歯2本損傷)するなど、
それがきっかけで歯医者さん通いは、しょっちゅうのことで、
治療に治療がかさんでくる悪循環。というこっぴどい逸話の持ち主。

厚生労働省の発表によると、80歳で自分の歯が20本以上ある人の割合が、
昨年初めて半数を超えたのだという。
80歳でも、いれ歯無しでほとんどの物が食べられるということだ。うらやましいね。
昔人にとっては、虫歯は深刻な病気。あの治療時の痛み、痛みを強調する頭に食い込む
いや~な音、何かにつけても不愉快極まり、次回予約しても、
痛み治まれば願わくば行きたくない。
理由をつけては放置するということは結構あったに違いない。

予防効果をもたらした流れとしては、1993年には1割程度だったが、
2005年には4分の1近くになり、そして今回5割を上回ったと。
急増分析の要点は、歯磨き粉の成分改良、1日複数回歯磨きする高齢者の増加ということだが、
その普及の原動力はやはり積極的な予防教育、予防活動にあると思う。
TVによる予防医学の知識の普及は、具体的で解りやすくその効果性は大と言わざるを得ない。
現に、歯科衛生士さんたちは「テレビよありがとう」と言っているのだから。

「歯周病は万病の元」なる原因解明できたキャンペーン効果は、
高齢者に徳・得をもたらし、日本国医療費の高騰抑制にも貢献していることになるのでしょう。
私は、残り少なくなった歯を、インプラントの施術を受けて健康維持を図っている。
定期的な丁寧なメンテナンスは、自己負担もままならないが、
口腔内の清潔保持、異常の早期発見・治療と順調で、健康感が気持ち良い。

皆さん!健康をより効果的に維持できるのであれば、歯のケアを軽んじることなく、
気を配ることで、入れ歯と縁のない徳を積んでいきましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

ちょいと耳触りのいい話

先日、東京で高校時代の同窓会が開催された。
ま、毎年5月の頃に開催され恒例となっているのだが…。
今年は、73歳クリアー年でもあり、そろそろ健康上の問題、
高齢者特有の症状等々懸念される出席状況は如何に?
関東組が開催する「燦八会」への出席数は、30~35名は維持してきた誇りは高く、
親密度はええ塩梅という、狎れ合わず楚々とした白けもない、
何時も参加したい度をキープしていたが、
今年はどうも恐れていた健康上の問題が影響して、参加者は22名という状況。
なんとなく寂しさ悲哀感を共有しての開催だったかなぁ???

思いっきり上等のホテルで開催ということで、料理は満足度の高い、
さわやかなご馳走仕立て(私たちにとっては、量的な圧迫感や濃厚な味付けの嫌味はなく、
質感の良い自然に食が進むというシェフの読みは流石でした)。
食後の腹ごなしというか、二次会への合間には、ホテル庭園のホタル観賞。
暗闇の森と川のせせらぎに憩われながら、そぞろ歩きで歩けば、
ホタルの光がポワァ~!青灯がふわぁ~!蛍光の乱舞する細道を、
満足げな感嘆の溜息を漏らしながら、二次会場への移動。
これも恒例となってはいるものの、この乱舞ショウは、何回観ても見飽きない楽しみだ。

そこでまあ、一次会での話に戻るが、宴たけなわになるころから、一人一人の近況報告。
意外とわが同窓生は、芸術家が多く、ピアノ・歌唱・絵画(油絵・水彩・水墨・日本画)
書道・俳句・和歌など、広い分野の全国版の賞を受けている人たちが多いのだ。

そして、近況報告にも名言エピソードがご披露されるから、
なんとも楽しい時間が展開されていく。
今日の主テーマは、そこから始まるそこでの拾い噺。
私のスピーチになって、これまでの人生の道程を振り返り、
私は如何に親友の一人に支えられてきたかについてご披露した際、
次なる親友は、私の一言にいたく反応しておっしゃるに、
「2~3年前に他界した親しき男性が、会う時はいつも私のことが好きだという。
照れもあって、何故好きなの?と問いかけると、そうだね。
好きっていう言葉の中には、希望があるんだ。
重い希望ではなく、さりげない日常的な希望ということなんだけど、
喜びがあり楽しみがあり、心がめげないで明日に繋がっていくんだ。」と。

そういえば、好きって言葉、たくさん創れるよね。
私の言葉を拾ってつないだ彼女の人生のドラマ性を感じながら、
「好き」ってことばが耳障り良く残りました。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

大型連休明けの後の身体コントロール!

連休明けて、さあ仕事復帰。健康へのリセット完了して出勤と相成りましたか?

颯爽とご出勤なれば幸いのこと。
一方、ため息を出しつつ止む無く出勤の体たらくなれば不幸中の幸いなるかな。
最悪はブルーマンデーと呼ばわる、うつ気分に支配され、
生活リズムを日常に戻せないストレスや調子の変化による
うつ気分からの脱却が図れずに休みたくなる不幸な兆候。

大型の連休が恩恵をもたらし得るはずなのだが……如何にやあらん?

働き方の多様化、受け止め方の多様化、連休有効活用方法の多様化。
人さまざまに大型ゴールデンウィークに寄せる思いは、
皆さん賢い使い方を心得てきているように思える。
と語っていたのであるけれど……。

連休明けに体調不良で休むなんて社会人として失格だ!と言う 人がいて。
休み明けの仕事に向けて体調を崩さないように体調管理をする事は自明のこと。
ましてや. 誰も好き好んで大型連休明けに、わざわざ病気にならないよね。

とまあ、きつ~いご指摘は、しかしまあ、そのとおり ってことだね。

大型連休で張りつめていた緊張の糸が一気に緩んでしまうと、
蓄積していた疲労もドッと表面化するといいます。
単なる肉体疲労 だけではなく、心身の疲れでもあるので、
うつ気分や肩こりや頭痛、倦怠感など、
様々な不調が起きてしまうということですが、
みなさん!うまく乗り越えられましたか?

連休モードから仕事モードへ!
心身をうまく切り替えられたであろう皆様が、
ご活躍されていることを祈っております。

私も、これからを頑張っていきたいと、
力みをいれているのであります。
先ずは、ご挨拶まで。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

大型ゴールデンウィークの快を呼び込もう!

4月27日~5月7日の‘がっちりウィークデイ’
を得た人たちの快感は如何に?

一方、29日(土)・30日(日)の通常休日を過ごし、
5月1日(月)、2日(火)の2日間は出勤して、
3日~7日までの5連休の恩恵を良しと心得た快感は如何に?

働き方の多様化、受け止め方の多様化、連休有効活用方法の多様化。
人さまざまに大型ゴールデンウィークに寄せる思いは、
皆さん賢い使い方を心得てきているように思える。

世界共通した暦に日本式暦の流れに、うまく乗っかって
舟を進ませることができて生活・命の活性化に
勢いをつけることができるも、その人であろうし、
石に瀬ぎ流れに枕して、理屈っぽい負け惜しみの
強がり弁明で騒々しく過ごすもその人。
まあ、暦のとおりにして、逆らわず流れるならば難なく穏やかに過ごせるもその人。

近ごろは皆さん、上手に休日を過ごすことができているようですから、
非日常性を大いに楽しんで、良き休日、我が家の春的なアクションを編み出して、
負にならない生産的な、健康上のリセットを図ってくださいね。

良き連休をお過ごしください。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

子どもの歯磨き時の、ヒヤッと事故と安全対策

子どもの歯磨きで事故が続出しているとの見出しに、目が注ぐ。
懐なるかな!

そんな思いで読んで見れば(4/21/17  読売新聞 要約)、
子どもが歯ブラシを銜えたまま遊んで転倒する危険が伴うため、
おやが寄り添うなどして、事故を防ぎ上手に
「歯磨き習慣」を身に付けるのが良いとのアドバイスあり。

実際、子育て中の母親は、「2歳の次女が、歯ブラシを銜えながら
遊びまわることが多く、危なくて目が離せない。
5歳の長女も以前、歯磨き中に転びそうになり、
「怪我でもしたらどうしよう」と心配していたのだと。

消費者庁による事故情報は、2010年12月以降6年間で139件。
内、3歳以下の事故件数は124件と圧倒的に多い。
歯ブラシが、喉の奥や頬の内側に刺さって、入院した子供もいる。
と聞けば、確かにヒヤッとする。

最近、安全対策を施した歯ブラシも考案・商品化されてきていて、
幼児向け歯ブラシは、ハンドルをシリコン製にし、
左右に柔軟に曲がるようにしていて、万が一の際にも、
口の中への衝撃を従来より95%減らすことができた。
一方で縦方向には曲がりにくくする工夫がされていて、
歯をしっかり磨けるようになっているというから、
商品開発や安全は随分と進化しているわけだ。

遠くの昔に、子育て覆えてしまっている私としては、
身近な話ではなくなっており、
安全な歯ブラシの現状には全く関心を寄せていなかったが、凄いっ!
安全の商品化は、優しく逞しい商魂に支えられている
(でなきゃ、勝ち残っていけない社会だよね)。

子育て中のお母さん!小児病棟の看護師さん!
子供を対象にした施設で働く方々!
虫歯0に向かって、子どもが自分で、
「安全に、きちんと磨ける」歯みがきができるように、いろいろと工夫を凝らし、
安全性を高め環境整備をしながら、生活上のしつけ、
支援、介助、をしながら、事故のない子供の成長を願っているよね。

便利すぎるのは如何なものか?ではあるけれど、
健康への誘いが安全できちんとした技を習慣づけられれば、
子育ては、楽しく安心だわ と言えるのかな?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

未来の光:希望の構築

2017年4月10日のニュースによると、
国立社会保障・人口問題研究所(厚労省)が2065年(50年後)の将来推計人口を公表。
人口減少と超高齢化の進行に歯止めはかかりそうにないとのだと。
5年前の推計に準じてそのような方向にあるという。
が、65年には、出生率1.44、平均寿命(男性:84.95歳、女性:91.35歳)と見込んでいる。
年齢層別では、65歳以上の高齢者数のみ増え続け、42年でピークの3935万人に達し、
その後は全年齢層で減少し総人口は毎年100万人近く減っていくと推計している。
15年の高齢者の割合は26.6%⇒25年30%、65年には38.4%(4割近い)に達するが、
重大なのは、15~64歳の現役世帯は、
15年60.8%⇒65年51.4%(4割減)と見込まれることだ(毎日新聞からの要約)

これを「未来の光(国のエネルギー力)と希望」が見えるてくるかどうか…?
(政策的な問題で見ないで、ひとりひとりの自覚、捉え方にかかってくる問題だね)

折しも今日(4月11日)、フィギュアスケートの浅田真央選手が引退を表明。
華やかさと愛らしさと勤勉さで、若い後輩たちの目標のシンボルとして
滑り続けてきた競技人生に区切りをつけた。
ブログで前日の夜遅く引退発表して大騒ぎになった。
翌朝衝撃ニュースとなって多くのコメンテーターが彼女の引退を惜しんでいる。
泣きの織田信成のコメントは、「ちょっとしっかりせェ~ッ!!」みっともな~い。

まさに真央ちゃんと信成くん「希望の光と冴えない影」というべきか?
真央ちゃんに不似合いな情けない「ゆるキャラコメント」でした。

さらに登場する話が、遠隔操作のロボット技術。
ロボットの研究開発、技術開発は、びっくりするほど速い。
緻密さが増し、細やかな動作が作動する。
今はまだ心優しい人間の温もり(皮膚の触感)が
感じられぬロボットを受け入れきれないが、開発を進める大学での研究は、
好きこそ(好奇心と探究心)エネルギーの源なのだ。
{力触覚}と呼ばれる技術の研究に没頭する准教授
(某産業技術総合研究所プロジェクトリーダーでもある)は、
「人間の力強いけど優しく、器用な動きを再現したい」と、
手術支援ロボットなどへの応用が期待され、実現化を目指しているという。

少子化・労働人材不足に頭を悩ましている日本国としては、
未来への光として希望的な興味を深くしてみることができると期待が高まる話かな?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

折れない心の源=健康観の核心

「健康」について、気にはなりながらも普通に暮らしていた人が、
ある日突然、自身のこと、夫・子供・家族のことで、
不治難治の病気や障害を持つにいたった事故などに遭遇したとき、
途方もなく打ちひしがれ、死のうとさえ思う。
また、とりあえず回復はしたものの、生涯、
症状の不安定なぶり返しなどに悩まされながら生きていかなければならない、
という状態を、わが身は何者か?わが身をどのように支えればいいのか?
悩みは大きく深い。(と、そのような状況を想定はしてみることはできる)

でも、驚くべき生命力というべきか…!?
私の身近にも、あるいは新聞や出版物、
TVインタビューやドキュメントで紹介される方々は、
一様に「この病気になったから、この病気があるから、
この事故にあいこの障害をもって生きなければならなくなったからこそ、
これは神様が私にくれた試練なのだと受け止めて前向きになれば、
多くのことを学びえる人生の喜びがあり、生きることができる。」と語られている。

嘘ではない。だから余計に恐れ入ってしまう尊いことばとして響いてくる。

そして「健康」なのである。
WHO(世界保健機関)定義では、
「健康とは病気でないとか弱っていないということではなく、
肉体的、精神的、そして社会的にもすべてが満たされた状態」とある。

つらい経験(強いストレス)を糧にそれをバネにして高い健康状態で生きることができる。
つらい経験に耐えるということではなく、自尊心や自己肯定感を高め得る、
柔軟な心の在り方や考え方を養えば、健康が生成されるという。

全くそうだと思う。
ではあるけれど、それは苦痛の経験途上にあって
悩む人ではない周りの多くの人々に関わってくる問題だと思う。

当事者を避けず、見ぬ振りせず、当事者のありのままに関心を寄せることから始まり、
何らかの光(対話)の経験を積極的にもたらしていくことだとつくづく思う。
一つでも多くの対話の提供は、時にはしくじることもあろうけれど、
当事者の自己経験の言語化を導き出せば、
当事者への柔軟な心を自らに導き出せるようになり、
私たちの助けをも受け入れてもらえるようになる。
要は日の当たらぬ、日の当たりにくい人たちへの向きあい方が、擬古地ではなく普通に、
お互いに「折れない心」をやしないあえることになるように思うこのごろであり、
私の気遣いがそのように向き始めている。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

教育の出発点って何だろか?中身が見えない外見の装い

学校法人森友学園って知る人ぞ知っていて、だいぶ前からそれなりに名高くあったのでしょう。
幼稚園、保育園を運営する私立の学校法人ということのようです。
安倍首相夫人の名誉校長就任問題が浮上して、初めて耳にしたわけであるけれど、
急遽、問題の渦中に立った安倍首相夫人は、のんびりと呑気なコメントをしていて、
しかも幼稚園教育、申請中の学園教育の趣旨にいたく感動・感銘されている。
公人私人を問うまでもなく、しっかり広告塔として強力な集客力のメリットを引き出しているのに、
何らそのことの国民全体の公平性に配慮不足の感覚は持ちえていない。
夫が、日本国を背負って立つ「首相」という公人。その夫に常に寄り添う夫人は、
日本の鏡的に期待される内助の功であり、
言動が注目される立場を自覚されていると思っていたのだけれど…??
すり寄ってくる人々には、「一事が万事」の心持で神経を使っていただければなあと願うのみ。
従来の首相夫人方より活動の幅は広くノー天気なキャラが受けて人気者であった彼女が、
ショボク見えてくるこの頃。結構心臓は図太く座っているのかもしれません。

それにしても、森友学園の幼稚園の教育コンセプトは
「笑顔とやる気、元気いっぱい、自信の持てる子」。
日本の将来を担う人材を育成します。
と謳っているのですから、外見の装いはご立派に見えてしまうし、
共感を覚える人も多くなりますよね。
しかし!しかし!教育の運営、教育の中身、実際は、入園して経験してみないと解らない。
理事長とその一族は、乱れを見せない統制された国家観、教育観、児童観で、
堂々と披瀝して他の言質を受け付けないで運営している。というこの不気味さ
国有財産の払い下げを、国家のルールに従わないで、
法治の例外にしてくれと懇願する教育者である実態は、なかなか外にはわからない。

遅くなったが、折しも3月8日は、「国際女性デー」。
1904年3月8日、アメリカで女性労働者が婦人参政権を
要求したデモが発端となって1975年に国連が制定したもの。
その目標は、世界の女性たちの潜在能力をフル解放することにある(簡単に要約の切り取り)。
そして3.11東日本震災の復興は、まだまだ息絶え絶えの復興事業に託して、
被災地の皆さんの命を守りながらの厳しい復興途上にある。
ということを国民全体が意識しなければならないこの時期、安倍首相夫人(昭恵女史)には、
こんな騒がれ方に沈黙しないで、もう少し力強い、
国民感情に沿ったメッセージ性のあるパフォーマンスを取って欲しかったと。
私は、今なお、女性として残念な思いをひきずっている次第。

看護活動は女性の潜在能力をフル解放できる職業。
しっかりと社会ニーズに応えながら、自己の達成感を味わっていきましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

「割れ窓理論」の諭からの智恵の絞りだしが難しい!

2月9日の毎日新聞「余禄」欄に、「割れ窓理論」=
窓ガラスを破れたまま放置していると、その街区の荒廃が
どんどん進むというという理論であると、
釘原直樹氏の著書「人はなぜ集団になると怠けるのか」(中公新書)に紹介されており、
社会規範の崩壊は、環境を介して、人から人へ伝染していくという。

へえ~っ!ちょっと面白い!と思って調べてみると、
「割れ窓理論」を創り出したのは、
心理学者フィリップ・ジンバルド
(1969年、人が匿名状態にある時の行動特性を実験により検証)。

その結論は、
「人は匿名性が保証されている・責任が分散されているといった状態におかれると、
自己規制意識が低下し、『没個性化』が生じる。
その結果、情緒的・衝動的・非合理的行動が現われ、また周囲の人の行動に感染する」
と論じていて、了解できたものの、意外なところに発展していて、少々怖い。

ネット上から導き出したところ、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングは、
1972年に、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、
凶悪犯罪を含めた犯罪抑止ができるとする環境犯罪学上の理論を考案していて、
実験例を示しているし、他に別の学者たちが何例か実験例をしめしている。

時同じく、ニュースになった「万引きをした人をネット上に公開したり、
店内に明快な万引き者の写真張出し公開」など。
その対策を敢行した、社長さんや店長さん達の言い分は、
「考えて考え抜いた対策だ。こうでもしないと、犯罪は決してなくならない」
と真剣に怒っているが、表情は爽やかで堂々としている。
周りのお客さんや通りがかりの人たちへのインタビューでは、
「ちょっとやりすぎでは? ここまでやらんでも」という意見が圧倒的に多いが、
毎日その被害に合わせ続けられ、ごそっと何十万もの品を持って行かれるのは、
確かに堪ったものではない。背景には、社員に責任が及び、収益にも損失を被る。
最近の世情から、無くせない、防止できない、こんな犯罪が増え続ける状況は、
この対策、環境犯罪学上の理論に裏付けされた抑止対策であろうか?
賛否両論あれば、「では、どうすれば改善されていくのか…」と問いかければ、
ホントに対策は困難なのだと思う。

悩ましく深刻な賛否二分する社会現象が現れまくってきているようで、怖いなあ~!!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪