「霜降」の節、風邪にご用心!!

先日10月23日は、「霜降」と言われあるとおり、
気温は17℃、ガクッと寒くなった。

まさに冬への誘いの節語ではあり、
暦歴からこのような非日常用語で古来の表現に触れ、
季節感を味わうことができ、秋なのである。

その前々日、私の前職場でご一緒させていただいた上司の主催する、
高齢者に優しい約10キロの里山行に参加させていただいた。
60歳~75歳の老男女のご一行様のお通りである。
ほとんどが刈り取られているものの渋柿・甘柿の
朱生りの木がところどころに散見されつつ、
稲穂の頭たわわにしなる田んぼには、
所々で刈り入れた稲の天日干し風景が見られ、
また大がかりではないながらも整然とした棚田のほとりを歩きながら、
名付けて「葦辺のぬくもり」とでも言いましょうか、
そのような大きな郷愁に誘われたものです。

奈良は私の過ごした第2の故郷。
長閑な浪漫の歴史感漂う奈良里は大好きで、
ここに居住を決めた大きな理由でもある。

そして「霜降」の当日は、
急な寒さに警戒しながら参加した48年前の大学時代の同窓会。
ご想像にお任せするが、相当に高齢者の1泊2日の集いでしたから、
話題は最近の健康状態、不都合な生活行動、
鈍くなり始めた頭脳の回転などのご披露から始まり、
とどのつまりは、若かりし20代前半のとびっきり楽しかった
(失敗もしかり、まじめな研究活動でのエピソードや、その頃のひと模様など)
思い出話に、夜の更けるのも構わず、
時には夜風・潮風に上機嫌の体のほてりを冷ましながら娘に戻ったひと時でした。

さてさて、どれもこれも秋のイベントは、嬉し過ぎて楽し過ぎて、
急な寒さにお構いなく過ごしたからでしょうか、
私は風邪っけの重だるさを感じ始め、咽頭痛・鼻汁の軽い症状に、
やや後悔をしながら、早速クリニック受診。
医者先生は、あァ大したことは無いと軽く流してくれましたが、
私は頭が重く体が重だるいのだァ。

温かい水分を丁寧に補給し、遊び疲れの回復を図り、
免疫向上の薬を飲んでおとなしくしている有様。
家で、TVを見ていると、
なんと50歳の磯野貴理子さんが脳梗塞で治療中との報。
脳梗塞は4時間以内の措置が勝負というのですから、早期発見・早期治療が命。

~そこで、早期発見の観察・異常の早期発見のみどころ・気づきどころ~
FASTに沿う観察
F=Face  : 顔の麻痺(左右差の有無)
A=Arm   : 両手の水平位保持、動き、握力(いずれも左右差の有無)
S=Speach: ろれつ(ラリルレロ・パピプペポが不明瞭)
T=Time  : 発症した時刻、急いで搬送・受診
以上、ご参考にしてください。

皆様、季節の変動時は、何かと健康上のトラブルを引き起こしやすいものです。
気を付けてご活躍くださいね。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

華麗なる宇宙の満月とLEDの英知

8日夜の赤銅色になった満月。これをもって皆既月食という。
3年ぶりの神秘現象が、鮮やかに私たちを堪能させてくれた。
むろん、赤銅色を肉眼でみたわけではない。
肉眼的には満月の輪郭を捉えながら黒い陰影が覆っていく。
満月の光から細い三日月の光へとゆっくり移動させながら皆既現象の完成に至る。
この過程を日本中の多くの人々が共有し、貴重な1時間の流れを堪能した。
短くも長くもなく惜しむことの無い素敵な時間であったと思え余韻に浸る。
何度も皆既月食現象についての説明が繰り返されていたので、知識を承知しつつも、
いざ!満月が現れると、これから始まる現象の論理など吹っ飛び(?)、
天体の華麗なる現象に、静かなる感動のため息がたなびいていた(に違いない)。

註:皆既月食は、見かけ上、太陽よりも月の方が大きい場合に起こり、
太陽の全面が月におおわれる。太陽・地球・月が一直線に並び、
月が地球の影に覆われる=実際は太陽を覆った黒い月=という現象
(参照:中学理科辞典、恩藤知典 編著、受験研究社刊)

その前日7日、ノーベル物理学賞は日本人3人の学者に決まった。
世界が認めた青色LED・科学の光明となる
青色発光ダイオード(LED)の平和的技術の開発で、
科学技術が人類に果たした光の平和的な開発に
貢献したことに対する受賞であると言えそうだが、
3人の学者は、
名城大終身教授:赤崎 勇、
名古屋大教授:天野 浩、
カリフォルニア大教授:中村 修二の各氏。

TVなどでお見かけする限り、陽気で爽やか、
3者3様の秘めた情熱のオーラを感じる(人物のモチベーションが面白い)。
LEDの詳細は解らないが、
【青色LEDが重要なわけは、三原色(赤・緑・青)で「白い光」を
実現させたということであるが、3氏は最もエネルギーが必要な青色を
生み出す素材が見つからなかった課題を追い続け、
窒化ガリウムを使って青色を出す半導体の開発に貢献。
青色の登場で光の3原則がそろい、白を含めたあらゆる色を出せるようになった。】
(【】内は、9日付毎日新聞記事引用)

「光」に因んだニュースの心地よさで思い出すが、
安倍総理は「すべての女性が輝く社会つくり」を打ち出し、
企業に対して数値目標を提起した。
政府主導の後押しがなければ、女性の社会進出は進まないのは寂しいけれど、
ようやく光の当たりにくい硬直した社会分野に光明を導かれることになるのだ。
(ただ、安倍総理の美辞表現は、いつも真実味が感じられないが)。

世の女性たちは、政治の後押しに今こそ奮起して、
持続的な努力と情熱で有効な光輝く実現にむけ
職場進出への挑戦をしていくべきだと思う。

それにしても社会貢献を地道に実践している方々に目がとまる。
NPO法人を設立して、政治の手が届かない
社会問題を担ってのNPO活動は、女性が4割も占めているという。
いつか実を結び光り輝く時が来て、継続性のあるつなぎを可能にしていけば、
未来に輝き、誰もが愛でる光となるのではと期待が膨らむ。
(それをもって社会的遺産とでも名付けようか)。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

「高齢である」をしかと知る!恥ずかしがらずに!ためらわずに!

60歳還暦を迎える、という響きには、
何かしら当事者自身も周辺も華やいでいるように思われ、
お祝いごとの行事も抵抗なく滞りなく
済ませることができるものなんだなあという気がする。

さて、それからの5年、10年というのは、時間通過が速くて敵わない。
要するに健康年齢という概念を思い切り体に感じながら過ごしているのだ。

実際、おしゃべりは緩慢な流れになり、声は張りあがっている。
場の空間の広さや、雑談する人たちと
どのくらいの距離間で話しているのかにはお構いなく、
自分が聞きやすい出しやすい音量でもって始まる。

気持ちの中にはまだまだしっかり人に迷惑をかけないマナー基準を持っていて、
体裁よく身構えて行動しているのだけれど、
どうにもこうにも複数の音が重なり合ってくるとボリュームアップさせているのだ。

近頃息子は、私と一緒に出掛けると、私の歩き方や姿勢を観察したり、
私が左右前後に行き交う人々への気配りを観察したりして、
「わァすごい!お母さん、平衡感覚すごいね」と褒められたり、
「お母さん!急に立ち止まると後ろから来ている人が
急に避けることできないから、気を付けないとお互いに危ないよ」
と注意されたりもする。

息子の辛辣な注意に、時々は腹を立てて抵抗をするのだが、
息子は、私が老けていかないよう、認知度を維持しつづけるようにと
刺激をしているのだという。ありがたい話と受け止めるべしかな?

ま、家族とあるいは親しい友人たちと、忌憚なく喜怒哀楽を表現し合って
日々を過ごせればいいのだな、と思うこの頃ではある。
一つ一つの活動を終えて一段落してみると、
結構なエネルギーを消費しているので疲れを感じるが、実際疲れやすくなってきている。
やれやれと一休みをしたくなって、動作緩慢にゆっくりとお茶を飲む。
一つ一つの活動の区切りをつけながら(否、区切りをつけながらでないと、
次の行動に移っていけないというパターンになっている)、
あァ楽しかった!あァ嫌な時間だった!あァあの人は素敵な人だった!
やれ、きれいなお花だの、おいしいお食事だっただの…
いろいろ思いつくままに味わいつつお茶を飲む。

区切りをつけて次の行動に入るまでの間合いを感じながら、
穏やかに緩やかにスイッチが入るという仕組みになってきている。

このように書いてみると、いかにも元気のない高齢者の域に
踏み込んでいくかのように思われるでしょうが、そうではなく、
「高齢である」をしかと心得ていっているのであって、ゆるゆると、
高齢を受け入れて健康的に時間を大切に使って、
結構、安全に人に迷惑をかけぬよう、恥ずかしがらずに、
ためらわずに生きようとしているのだと解ってほしい。

医療介護の現場に入院・入所する高齢の方々は、認知の症状や難聴、動作緩慢、
視力が弱いなどなど、加齢に伴う症状をいろいろと持っている方が多いと思います。
医療介護の従事は、やはり環境を整えて、
コミュニケーションをしっかりとる配慮をしてくださいね。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪