スタッフVOICE|大阪など関西の看護師の求人 募集 転職 派遣なら、メディカルステーション

  • 新規スタッフ登録
  • 検討中お仕事リスト


  • HOME
  • >スタッフVOICE

転職VOICE企業内での産休代替派遣を経て産業保健の道へ就職 Vol.48

☆看護師(臨床経験約6年)30代 Wさん

大学を卒業し、数年大学病院に勤めながら、将来は保健師資格を活かした仕事をしたいと考えていました。何社か企業内産業保健のお仕事の面接を受けましたが、産業保健未経験という事もあり、いいところまでは進むのですが、最終的に断られてしまうことばかりでした。

そんな折、ワークステーションさんに、ある大手企業内診療所での産休代替派遣でのお仕事を紹介して頂きました。産業保健に未練はあったものの、企業内のお仕事はどんなものなのか経験してみたいという強い気持ちもあり申し込みました。私の営業担当の中谷さんの推薦もあり、無事就業が決まりました。

産休代替派遣での就業を初めて6ヶ月くらいに、中谷さんから、「派遣先の診療所とは別セクションの健康管理センターの部署で保健師の欠員が出ることがあり、正社員の試験があるのですが受けてみませんか」と提案をされました。こんなうれしい話はないとすぐに快諾し、その後本社面接まで進み、無事正社員で登用されることが決まったのです。

産休代替派遣のお仕事を受けていなければ、今の企業内産業保健のお仕事には就けていなかった事を考えると、あの時チャレンジしてよかったと感じています。

担当営業から一言中谷 公平

Wさんはお人柄がとても素敵な方でしたが、産業保健の面接では経験の部分で判断され、ご縁がないこともございました。未経験で優秀な方が、産休代替派遣からそのまま派遣先企業に直接雇用になったり、1年半の派遣期間を全うした方がその後、経験を活かし紹介予定派遣が決まった例など、派遣期間で現場の方にスキルや人柄を理解頂き、そのまま派遣先に正社員として就業が決まることもございます。産業保健の道へ進みたいとお考えの方は是非ご相談くださいね。

スタッフ登録はこちら