季節の変わり目っていつのこと?…ウ~ン!体調に気を付けよう!

季節の変わり目は何時?ややこしい話だけど、それなりの季節が来ると、
何とはなしに「今年はこの時期ってどうなってんだか◎×△○●…
季節の変わり目は、あなたお変わりないかしら?」
なんて季節変わり目の頃には、体調を案じる挨拶が交わされます。

季節の変わり目は体調を崩す方が多く、
肉体・精神ともに憂鬱になる様で、テンション下がりますね。
季節の変わり目って、はっきり言っていつ?
自覚的には、3月~5月、8月前後、9月~10(11)月、12月~2月頃が、
何となく体調不良感が強くなる。それじゃ年がら年中じゃないですか…。
ってことになりますが。
実際にいわれる“季節の変わり目”は、
寒暖差が激しい時節を指すようで、朝晩の寒暖差が大きいようだ。

体調不良の一番の原因は、気温の乱高下。身体への大きなストレスとなり自律神経が乱れ、
即ち交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまう。
3月~5月は、梅・桜の開花、花粉到来の時期、春雷雨を伴い、寒暖差が身に堪える~ブルッ!!
って時節、今だから~。目がかゆい、咳・クシャミが止まらない、肌が荒れる~っ!
眠くて眠くてしょうがない!眩暈がする~!偏頭痛がして何となくしんどい、動きづらいなんてね。

一言で体調不良といいますが、人それぞれに症状があってね。
咳が出る、肌荒れ、湿疹、眠い、めまい、片頭痛、自律神経失調等々。
これらの症状は、寒暖差の大きい時節の症状というが、
では、老いも若きもそうなのか?と考えてみると、「免疫力は知らないうちに低下している」。
高齢というだけで、免疫力低下と決めつけるわけではないけれど、
風邪やインフルエンザにかかりやすく、
症状が重く寝込んでしまう方向に向かう場合が多いのは事実。
老いも若きも、季節の変わり目だから…とのんびり構えちゃ危ないね!
季節の変わり目と認識される時節には、ちょっと気を付けておきましょうよ。

体にストレスがかかる原因は、
交感神経と副交感神経のバランスが崩れる自律神経の乱れ(自律神経失調症)にあると。
これは皆さんご承知のことですが、必ずしも日々同じ症状が継続するというわけではなく、
日々変化してさまざまな症状が自覚されるようになる。
頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠感、眠気、肌荒れ、気分の落ち込み等々。

対策は皆さんお分かりでしょう?
いつもより多めの睡眠、生活のリズムを整える、運動する習慣、バランスの良い栄養
となりますが、自ら自律神経を整えるよう努めていくことが、肝心な対策だということです。
春めく良き季節を愛でるためにも、自らの体調を整えてお過ごしくださいませ!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

高齢者の為せるダジャレが元気を支えてくれるってことってあるよね!

同級生や更に高齢の方々との談笑するひと時は、
ある意味ダジャレのオンパレード状態になっている。
正直、そのダジャレ談笑の場で、心は苦笑い、顔は満面の笑みで交わる姿は、
雰囲気を壊さない配慮が働いており仲間意識(世代コミュニティー力)を高める。
夫々の自己歴史の懐間が紹介され、知らなかった世界が話題となって広がれば、
自分は入り込めないなどと消極的にはならず、案外、
「私は知らない世界だけど、それって~もっと聞きたいわ」となるのだ。
くだらぬダジャレを飛ばした仲間の別の側面に積極的に入っていけるという現象に、
苦笑いダジャレの人性を受け入れる幅が広がっていく。
この効果性は大切だと思うことが多々ある。

それは、夫々の方々の生きてきた背景の多様性であり、共通性であり、
感性の共有という交流になっているな、と実は感じている。
これまでの社会を家庭を人生を生き続けてきてのパーソナリティーの形成は、
人それぞれのドラマなわけで、何を恥じらうことなくさらけ出してみるゆとりというか、
達観さがあるように思われる。うまく表現できないが、
社会をリタイアした高齢者同士の人間模様に興味津々と湧き上がり、
楽しみ共感的に学び合う何かがあるように思うこの頃である。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

2018年は始まり、あっという間の月日の流れ!!

東日本大震災は、2011年(H23年)3月11日のことである。
月日の流れは速く既に7年を経過し、すぐそこに3月11日を迎える。
2018年が始まって、早や3か月の速さを推して知るべしと、
おそろしく思うが、何がどのように変わったというのだろうか?
東北の方々の復興は、人を失った悲しみ・癒えぬ喪失感との
対峙から逃れようもなく、まもなく仮設住宅退去期限終了の向こうに、
忘れ得ぬ悲しみと新たなる不安がある。
7年間居住した仮設住宅で築いた被災者仲間の連帯感に支えられ
生きてきたことの終焉は何とも言い難し胸の内である。
私たちはそうした歳月の苦難に対し思いを寄せるべき時なのだと思う。

さて、春うららなるかな~!
寒風の和らぎを感じ始め、すでに梅の花は香ばしく目にも優しく届くこの頃です。
あれよあれよと一息入れる間もなく早や3月。
何十年ぶりかの東北にもたらした豪雪の傷跡は哀しく辛いが、
ようやく雪解け始めている。
そして芽吹く旬菜、旬魚の食材が食卓をにぎわす季節でもある。
春夏秋冬の旬菜は、気候変動に影響された豊作不作により値段変動が起こるが、
目にすればとにかく、濃厚な旨み、淡白な旨みに生かされ食されるのが旬彩の習わし。
いやいや家庭の味付けは、何ら普段からの味付けであって、
変化は感じられないかもしれないが、旬のものそれ自体が季節を彩ってくれる。

そして平昌オリンピックが終わり、いよいよパラリンピックの平和祭典
(政治的と言われているがテロ発生の危険な雰囲気もなく、
極寒の中での競技は厳しすぎるけれど…)はまもなく開幕する。
日本は幸先の良い好調な結果を生み出しそうなアスリートのパワーを感じるが、
当然日本だけではなく世界中が活気づいているのだろう。
先のオリンピックでは、今までのメダル数を上回り13個。
多くの選手から、見ごたえのある感動を受けた興奮が今なお残っていると思いませんか~。
最近は、TVなり週刊誌・新聞なりが、
団体や選手個人のエピソードを特集して紹介されるので、
よけいドラマ性が成績に反映され、感動の深みが増しているようにも思う。
パラリンピックでも新たなスポーツ景色の感動を味わわせてほしいと願いますよね。
皆さん!パラリンピック、しっかり応援し、
勝ち負けに関わらずスポーツの感動を味わいましょう!

今日の出来事、事の成り行きは常に流れる。とどまりを赦されないから、
新たな出来事に心を移されていくが、多くは、掴みどころをも押し流されて忘れもする。
わが身に降りかかってこない限り流れてゆくのも止む無しとばかりに。
軽率な言い方かもしれないが、流れゆくことは、案外、心を忙しくするようでいて、
安心安寧をもたらしてくれるものだなと思うこともあります。がどう思われますか?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪