パーキンソン治療の光…高速に届け!!

パーキンソン病は、難病指定になっており、
10万人に約100人~150人(1000人に1人~1.5人)。
60歳以上では100人に約1人(10万人に1000人)で高齢者は多くなり、
人口の高齢化に伴い患者さんは増加している(厚生労働省統計参照)。

パーキンソン病の症状は、手が震え体が強張る難病。
根治療法はまだ確立されていない。
奈良県立医大や京都大、三重大のチームは、体内にある一酸化窒素(NO)が
パーキンソン治療に役立つ可能性があることを突き止め、
16日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に発表。
不要な物質を分解するタンパク質「パーキン」が働かなくなり、
神経細胞が不要物質により傷つけられ発症すると考えられている。
NOはパーキンをよく働くようにし、神経細胞を保護することが分かり、
チームは「NOを増やす薬剤を開発できれば、新たな治療薬となり得る」としている。

研究チームらは、ヒトの神経細胞から培養した細胞にNOを加えると、
細胞内にある特定の不要物質の分解が加えない場合の約2倍促進されることを解明。
パーキンソン病を防げる可能性があることを明らかにしているが、
一方で、NOを長時間加え続けるとパーキンの働きが低下。
これはNOが別の物質に変化し、パーキンを働かなくすると分かった。
小沢准教授は「NOの細胞保護の作用だけを利用できる薬剤を造れれば、
多くの患者の症状を緩和できる可能性がある」と話している。
(共同通信、日経新聞2月3日付記事要約)

一方で、京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授は(2017年6月6日)、
iPS細胞から神経の細胞をつくり、
パーキンソン病の患者の脳に移植する新しい治療法について、
来年度にも臨床研究の実施を国に申請する意向を明らかにしている。
論文は8月31日、英科学誌「ネイチャー」の電子版で公開 されているが、
高橋教授は人間の治療の実用化を目指し2年間の治験を
来年度中に開始 したいとしている。

iPS細胞は増殖する能力が高く、神経細胞の量を確保しやすいため、
脊髄(せきずい)損傷などと並んでiPS細胞を使う再生医療の有力な目標とされてきた。

ご承知の通り、パーキンソン病は、
1817年、イギリスの医師ジェームズ・パーキンソンにより、
中脳の黒質という部位にあるメラニン細胞の変性・萎縮と
大脳基底核の病変により起こることが報告された。
ふるえや、筋肉がこわばったりするなどの症状が現れ、
表情は仮面のようになり、次いで身体が前傾し、
歩幅が小刻みになる特徴的な歩行障害(歩きづらい、転びやすく)なる。
現治療では薬で症状を抑えるが、飲み続けるうち効果時間が短くなり、
薬が「効く」と「効かない」を繰り返し、効かないときは気分が落ち込んだりする。

私達の身近に、パーキンソン病治療の継続効果が有効でない現実があり、
こうした医学上の研究が確実に成果をもたらし、高速に治療の光が届けば、
どれだけ多くの方々の福音となることだろうか?
その時がまもなくであることを願うものです。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

改めて「日本のがん事情」! 良き方向に改善されているのだろうか?

先日、友人のがん告知を聴いて、「がんに罹患」が自身に降りかかったならば、
やはり人知れず泣いてしまうかもしれないな?と考え込んでしまった。
治療に向かう私自身の姿勢ってどうなのか?自分の中では、がん治療の最新情報が、
ここまで進化していると知っていても、
悩みどころとしては深く大きいものがある。と。
一昔前までは、がん告知で苦しんでいる友人の情報を知ると、
どのように声を掛ければいいのかと悩んだりしていたが、
近年はがん治療対策情報などは結構オープンになっているせいか、
悲嘆感が先走るよりは、そこ(治療)にかける希望の芽があることを信じたく、
励ますことはしないまでも、
「あなたは、どう向かっていきたいの?」とか
「どんな気持ちで考えてるの?」とか、
ゆっくりと慌てない対応が示せているのかな?と。
良し悪しは別として、冷静感のある対応になっているように思えるのだが…。

2017年12月、「日本のがん統計」を国立がんセンターが発表し、
そのデータを参考にしていますが、人の生涯で、
がん罹患率は52%(2人に1人)ということですから、
がんは私たちの極めて身近な病気であると。
他人事ではない覚悟もしなければならない。
2016年のがん死亡者数は、372,986人(男性:219,785人、女性:153,201人)、
2017年の推計は、2016年と比較すると男女計で約4,000人増加ということである。
年齢による変化は、男女とも60歳以上の増加(特に男性が顕著)、高齢になるほど高い。
罹患数の順位では、男性:肺、胃、大腸、肝臓、膵臓、
女性:大腸、肺、膵臓、胃、乳房である。
2013年までをみると前立腺や乳房・子宮などは順位が低くなってきている。

さて、セカンドオピニオンは、私たちに闘病への希望と安心と意欲を誘ってくれる。
単に担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることではなく、
主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、
複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が
選択していくことを前提にした考え方であり、
他の専門医師に意見を聞くことがセカンドオピニオンである
ということをもっと広報すべきなのではないか?と思うことが、現実にありますね。
担当医から説明された診断や治療方針について、納得のいかないこともあるかもしれず、
よりよい決断をするために当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める
「意見」を聴くことであるということを、看護師としては、
患者家族の戸惑いを払拭すべくアドバイスをすることが望ましいと思うこのごろです。

『がんになった』=死を受け入れなければならないかも知れない
我が身の生命の質を問う時、がんとどう向き合って生きるか?
これは自分自身が自身に問いかけないといけないことだ。
多くのがん告知を生きる方々の闘病記には多くの示唆・教訓があり、
先人のこうした手記に勇気づけられ、
自身を律する方向で考えられる一助に感謝いたします。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪