雑談って結構、頭が回転してるンだァの話

雑談って侮れないって話です。

仕事場で長い時間パソコン相手に集中していると、
これが、もう頭の内部が鈍磨して脳みそが凝り固まってくるのを感じる。

モードを変えたくても、
咳払いや深呼吸やトイレ休憩などで変わることもなく、
発想転換すべく発想も浮かび上がらない。

そして、あたり一面を見渡しても仕事仲間の皆さんに、
そう簡単に話しかける訳にもいかず、独りつぶやき生唾を呑んで、
味気なく時間の空をいただいた後、
おもむろに背筋を伸ばして脳の凝り固まりモードから
瞬時逃れるって孤独の作業(そう!ルーチン化した作業なのだ)。

そんな風に言ってみると、退屈な仕事風景を誇示しているみたいになりますが、
ところが「雑談」に興じるちょっとした時間に出会えたら、
それはもう有意なリラクゼイションタイム!

戯言師になっても良し、ムードメーカーの個性を発揮しても良し、
まもなく始まるプロ野球談義良し、お金ナイナイ問答良し、
旅物語良し、取り組んでいる仕事の話良し、何でも良いわけです。

自分の心情を開放してふざけるも良し、雑談仲間と共感共鳴しあえれば、
頭は相当に回転していて(要するに、良きエネルギーの放出とでもいえるのかな)、
話はとりとめもなく展開していくでしょう?

そして新鮮で深みある情報がいっぱい溢れて入ってくるのですから。
あっという間の1~2時間なら、時間を無駄にしたなんて後悔をすることもない。

確かに、効果的でない「雑談」ってこともあるにはあるようですが、
この雑談行動の向こうには、コミュニケーション活動が
活発になる作用が形成されていくのですから、
雑談に参加している人達との人間関係を受け入れ、
話の不備を補い合える展開になれば、雑談タイム大いに歓迎って訳です。

春爛漫、桜咲き誇る季節です。
この陽気に誘われて(花曇や春雨や春の突風の寒さに悩まされもしますが)、
それぞれの素敵なコミュニケーションタイムを演出してみませんか?

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

3月11日

3月7日~は、春の陽気に誘われて、結構開放的な気分を味わえると思いきや、
黄砂とスモッグの流延余波(こんな言葉あるかな?)。
何しろ中国からの重大な大気汚染物質PM2.5、
そして花粉飛散と放射性物質に汚染された土やゴミがそのまま放置されたままで、
その責任を問うことなく原発再稼動に勢いづく政府。

今日は3月11日。
昨日は東日本大震災2年の軌跡を思い起こし、
3年目への復興を祈念して色々な形でイベントが催されました。
マスコミ(TV、新聞、その他誌上)では大きく特集され、
真剣に私たちの記憶を呼び起こされました。

映像や文字、人を介して見る・聞く・感じるのと、
実際を一見し人々とふれあい空気を呼吸するのとでは、
心に呼び起こされる感知は大きく違うと、1年半ほど前に息子から聞かされたことではあるが、
私は動くことはできなかった。

放射能の風評被害というけれど、原発事故による被害(否、原子力発電そのもの)
はやはりどう考えてみても、エンドレスな(今を生きてる私たち以上に、
途方もない未来の人類・地球・宇宙にへの負の遺産を残すことになる)ことを考えれば、
簡単に風評被害と言わないでほしい。

東日本大震災での残存被害の重大さは、政治的に風化されていく雰囲気ではあるし、
私たちの熱も冷め始めているとレポートは語り、コメンテーターも語っている。
そして、東日本で被災された人々は
「私たちにとってはまだまだ3月11日はまだまだ特別な日なんです」と。

改めて、2年前の東日本大地震と原発事故から少しずつ復興しつつある状況を喜び、
しかし、とり残されている人々のまだ癒しきれぬ状況に思いを至らせ、
犠牲になった方々へのご冥福をお祈りする日、
2011年3月11日を忘れないで教訓としていきましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪