月別アーカイブ: 2018年5月

 新入社員にインタビュー:木村君

わくめでぃです!

今週は雨の日もあり、いよいよ梅雨の季節になりましたね。
今回は、4月にワークステーションメディカル事業部に入社した新入社員の木村君にインタビューを行いました!
とても背が高いのですが写真でも伝わるかと思いますが、とても物腰柔らかです☆
皆さんともお話する機会もあるかと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

ブログ用_修正後

社会人になって2ヶ月が経ちましたが何がいちばん楽しいですか?
スタッフの皆さんとの、お話がいちばん楽しいです。
特に、自分との関わりの中で、相手が喜んでもらえる瞬間は「やりがい」にも繋がっています。
また、実際に私の方がスタッフさんの方から学ばせていただくことが多く、毎回「気づき」や「発見」があります。ありがとうございます。

逆に何が一番大変ですか?
クライアントとのヒアリングです。
「間」であったり、「気遣い」の部分であったり、聞く立場ばかりでも良くないので、そのあたりのバランスが非常に難しく感じます。

看護師さんに対するライフサポートについてどう思いますか?
結婚、出産、復職、ライフスタイルが大きく変わる中で、その人に合った丁寧なサポートが、より大切になってくると思います。

人材のお仕事をしてみて、どういった感想をもちましたか?
「物」から「人」ではなく、「人」から「人」を通して、社会貢献が実現できる素晴らしい仕事だと思います。

休みの日は何をしていますか?
プロ野球観戦をしています。たまに、甲子園にも行っています!
特に、阪神タイガースの中継は必ずチェックして、お気に入りの試合は必ず録画しています。
おかげで、我が家の録画リストは、野球か、母がよく見る韓流ドラマでいっぱいです。

最後に一言お願いします。
新しい環境へ一歩踏み出す方を全力でサポートします。

ありがとうございます!
新入社員の木村君でした♪

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

遠隔介護ブログ(第6回)

photo_watanabe
こんにちは。
そろそろ梅雨に入りそうな湿った毎日が続いてますね。

何か気分を変えたくて
わたしは30年ぶりに髪の毛の分け目を変えてみました。
だからといって、なに?というまわりの声が聞こえそうですが
なんとなくちょっとした変化は楽しいものです。

遠隔介護blogも第6回目。
書かせていただきながらも、
このまま遠隔介護でいいものか、ほんとうは同居すべきじゃなかろうか、
そんな状況が沢山あります。

前回から続けて書かせてもらいます。
父の免許返納は、まさにその点を考えさせられたことがらです。

父は免許センターで、もう免許更新ができないと分かった瞬間、
わたしがトイレに行ってるあいだに
○親戚レベルにお付き合いしてるお友だち
○自分のケアマネさん
に、電話で報告をし、これからの相談をしてました。
ほんとに数分の間です。
友人には、月に数回の買い物や、今後警察で免許返納証明書を発行してもらう日の付き添いをお願いし、
ケアマネさんには、介護保険を使って送迎が頼めるとこがないか調べてもらう依頼をしてました。

そして、私には、地元の社会福祉協議会に寄るように言いました。
そこは、昔、父が若かった頃、
地域のお年寄りで、車に乗れないかたを買い物や用事に送迎するボランティアをさせてもらってた協会です。
窓口の父のお気に入りの女性に、今回の免許返納を相談し、自分がやってたボランティアを
今回は利用させてもらいたいとお願いしました。
ただ、父は全くの車イスではなく、杖をついてでも歩ける環境なので、全く無料で利用できる
社会福祉協議会のボランティアさんは利用出来ないと返答されました。
そこはアッサリと退散。
そして、ケアマネさんが調べてくださった車イスも乗せられる送迎会社さんと、免許返納者への優遇の介護タクシーを利用することに決定。
ケアマネさんからかかりつけ医にも連絡いただき、遠い病院ではなく、近い病院に
定期的な診察も変更していただくことに。

父が車乗れなくなったらどうしよう、いよいよ一人暮らしが無理かも、と悩んでた私を横目に
次々にいろんな相談と手続きをすませ、案外快適に暮らし、少々送迎への手数料がかかっても
車があることで発生する維持費に比べたら安いと前向きな発言になり、
車で出掛けられなくて家にいると寂しくなる日はデイサービスに行く曜日じゃない日もデイサービスに電話し、迎えにきてもらい、デイサービスで急遽過ごさせてもらったりなど、
なかなか楽しそうに過ごしています。

私自身も父がこうなったことで、デイサービスって急遽でも行かせてもらえるんだ。とか、
介護送迎はこんな会社があるんだ。とか、
社会福祉協議会のボランティアサービス内容とか、
あらためて勉強させてもらうことばかりで、自分がどれだけ無知だったかも痛感しました。
免許更新出来ない事がわかり、父自身がすぐに行動を色々うつせたのは、
本人が若い時代にボランティアを頑張っていたことや、
もともとは大工だったものの、バブルがはじけた時にこれからの高齢化社会を先読みして介護の資格をとっていたことなどが幸いしたようです。

日本中には本当に多くの親の免許返納について悩んでおられるかたがいらっしゃると思います。
父が免許返納して4ヶ月、本当になんとかなるものです。
父はきっとほんとは寂しいと思いますが、
事故しないかどうか心配ばかりしてた日々、
本人も車を擦ってしまったりして落ち込むことも増えてたので、
その気持ちのモヤモヤもなくなり、前より明るくなってます。
良い送迎会社さんにも出会えました。

月に2回はわたしも買い物に付き合います。
それも前より楽しそうです。
高齢者による車の事故で被害にあうかたが一人でも少なくなるように、
そして、事故をしてしまった高齢者さんやご家族の心の負担をなくせるように、
ある程度の年齢になると免許返納を自ら考えられるように、
もっとこの動きが日本でも広まっていくといいですね。

私自身も運転は月に数回はしますので、まだ40代ではありますが安全運転に徹していきたいですし
必要のないときは乗らない生活を心がけたいとあらためて思ってます。

遠隔介護第6回目はとても前向きなお話を書かせていただきましたが、
キレイごとではないんですよという、日々起こる本当のしんどさや悩みの乗り越え方や、遠くに住みながら自分の生活と実家の高齢者との問題・向き合い方について次回は書かせていただきたいと思います。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

 

2018年度も看護力アップセミナーを順次開催していきます!

こんにちは!わくめでぃです。

ワークステーションではこれまで、看護師のみなさまに向けて様々なテーマで「看護力アップセミナー」を開催してきました。
キャンセル待ちが発生するほど大変人気のセミナーですが、今年度も開催に向けて準備を行っています!

IMG_1012

現在参加者を募集中のセミナーは、6月2日(土)開催の「フィジカルアセスメントセミナー」です。
まだワークステーションのセミナーに参加したことがない方、フィジカルアセスメントに興味のある方、お友達とお誘い合わせのうえでの参加も大歓迎です!

▼今後のセミナーなどイベント情報はこちら
※順次開催発表していきますので、定期的にご覧ください
http://www.medicalstation.co.jp/event/

■セミナーの様子はこちらのブログをご覧ください
▼心電図セミナー
http://www.medicalstation.co.jp/mism/?p=3004

▼フィジカルアセスメントセミナー
http://www.medicalstation.co.jp/mism/?p=2962

▼ターミナルケアセミナー
http://www.medicalstation.co.jp/mism/?p=2821

▼在宅看護セミナー
http://www.medicalstation.co.jp/mism/?p=2634

▼子育て応援セミナー
http://www.medicalstation.co.jp/mism/?p=2612

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

うつぼ公園のバラと、健診シーズンの単発看護師のお仕事

こんにちは!わくめでぃです。

今年の5月初めは、すずしい日が多かったですが、今日からは暑くなっていくみたいですね。
日差しも強くなってきて、夏が近づいてきているのを感じます。

本格的に暑くなるまでの今の時期は、外で過ごすのにも気持ちが良い季節です。

ワークステーション本社がある本町では毎年恒例、うつぼ公園でたくさんの種類のバラが見られます。

IMG_4143_s

よくイメージされる形のバラも花の大きさがとても大きく、みごたえがあります。

IMG_1506_s

あまり見ない形や色のバラもあり、バラの種類の豊富さも楽しめます。
ベンチでくつろぐ方、レジャーシートを広げて過ごす方も多いですよ。

ワークステーションから10分程度の場所にあるので、
ワークステーションにお越しの際、お時間がありましたら足を運んでみてくださいね。

▼うつぼ公園の情報はこちら
http://www.osakapark.osgf.or.jp/utsubo/

 

さて、今は健診シーズン真っ只中で、ワークステーションでも毎日多くの看護師さんが単発の健診業務にご応募、ご活躍されています。
単発のお仕事に興味がある、やってみたい、という方は、毎週開催している単発登録会へぜひお越しくださいね。
ワークステーションの単発の担当者が直接ご説明、その場で質問やお仕事の予約もしていただけます。

▼今後の単発登録会などイベントの開催情報はこちら
http://www.medicalstation.co.jp/event/

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

 

遠隔介護ブログ(第5回)

photo_watanabeこんにちは。
過ごしやすい気候が続いていますね。

GW、看護師さんはお仕事の方も多いと思いますが、弊社はカレンダー通りお休みをいただいてまして、大きな旅行はしてませんがポツポツと出掛けはしました。
が、その最中も、一人暮らしの父からの電話に悩まされる日々も数日。

洗濯機が壊れ(排水口が詰まってただけなのですが)、色々考えた末、一人暮らし用の洗濯機ではなく少し大きめに買い換え。
買う日にはわたしと主人が付き添ったものの、配達される日は実家にいれない私たちは、購入店にも父の一人暮らしの状況、耳の聞こえにくさの状況など、
念には念をとしっかり伝えていたのですが、
配送してくださった業者さんと父のコミュニケーションの取れなさで、
再配達やら、再訪問やら、再度エラーチェックやら。

新しいことを受け入れる時に、どうしても耳も目も悪くなるとトラブルが小さくても何かしら起きるのです。
そのたびにわたしの携帯が鳴ります。
どこに電話していいかわからないと全部わたしです。

出掛け先でも集中は出来ず、楽しさも半減、
幸い、主人と出掛けていても友人と出掛けていても、理解があるので助かるのですが、洗濯機も、二層式時代なら使い方もわかりやすかったし、
機能が良すぎてエラーも出やすくなってる今の電化製品、
ほんとに良し悪しを高齢者に関しては、感じます。

そんな困ったちゃんの父、
2月に車の運転免許証の更新でした。
ゴールド免許なので今回は目の検査でさえひっかからなければ、なんとかなるだろうと思い、地元の警察書で手続きしていたら、
途中で「片足で数秒立てませんよね」と言われ、
頑張ってみたものの、無理で…そこから急遽、兵庫県の核となる明石の免許更新センターへ適性検査をうけに。。
最初から明石に来ればよかったとその日は思いました。
平日の貴重な休みを使って同行していたわたし。
さっさと終わらせて夕方、友達にも会えるはずだったのに結局、1日父に付き合うことに。

1525078718057
せっかく整理番号イチバンやのに直前にトイレに行ったりなんだかんだで何人も抜かされてようやく検査に。
とっさの時にブレーキが踏めるかどうか、ゲームセンターにあるような運転席の機械を使ってのテストでした。

まったくもって、ダメでした。
センターの警察官さんたちも本当に応援してくださったのですが。
案外、父はけろっとしていて、これで肩の荷がおりたとつぶやきました。
免許があれば運転しなければという重荷もあったのかもです。
なんせ、コンビニすら、車で15分かかる田舎暮らしなので。
わたしのほうがこれからどうしようと落ち込みました。

でもその前日も高齢ドライバーによるブレーキとアクセルの踏み間違え事故が
隣の岡山県で起きたばかりでしたので、そういう事を考えると、
父の限界をここで知れたのはよかったんだと思い直し、
そこからは、このあとどうするかをひたすら考えるわたし。

恐れてた現実が目の前です。

少し長くなってきましたので
続きは次回。

でも、免許返納すると
けっこう特典あるんですよ♪

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk15/ac17_000000017.html

例えば兵庫県はこんな感じです。↑

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします