今年もお世話になりました!

ワークステーションは本日で今年の営業を終了致します。
来年は5日(金)より営業を開始します。

ワークステーションは、今月22日で34年目へと歩み出しました。
これは当社へ求人をいただいているクライアントの皆さま、
当社を通じてお仕事をしていただいているスタッフの皆さまのおかげです。

まだまだご期待に至らない点も多いかと存じますが、
来年も変わらぬ、よいお付き合いをさせていただければ幸いです。
年末年始もお仕事をされる方も多いかと思います。
皆さま体調には十分お気を付けください。

来年もよい年が迎えられますようお祈り申し上げます。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

季刊紙メディカリズム51号発刊

今年もあと10日ほどとなりました。
今年やり残したことのないように2017年を締めくくりましょう!

さて、当社にご登録の一部スタッフさんにではありますが、
季刊紙メディカリズム51号を発送いたしました。
今回は年明けから4月にかけての転職情報です。

WS000000

 

 

 

 

お手元に届いておらず、読んでみたいと思われたスタッフさんは、
下記のお問い合わせ先にご連絡いただけますと
お届けいたしますのでお気軽にどうぞ♪

季刊紙メディカリズム発送希望
info-m@workstation.co.jp

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

お役立ちシリーズ:「配偶者特別控除」について

こんにちは!わくめでぃです。

第6回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんに気になる税金のお話♪

少し前に年末調整についてお話ししましが、今回は来年から改正される
『配偶者特別控除』
のお話。

このブログを読んで、今までよりちょっとでもお得に多くお仕事できるな!と
思ってもらえたら嬉しいです。

 

配偶者特別控除のお話の前に、その対象となる「控除対象配偶者」について簡単にご説明。

控除対象配偶者とは・・・

居住者(所得者)と生計を同一とする配偶者で、合計所得金額が38万円以下の人を言います。
この合計所得金額というのは、収入から必要経費を引いた金額のことで、給与所得者の必要経費は65万円と定められています。

ざっくりいうと、控除対象配偶者とは配偶者がいる方で年収103万以下の方のことになります。
フルタイム勤務の旦那さまがいて、扶養内で働く奥さまなどがこれにあたることが多いですね♪
控除対象配偶者となると、年末調整の時に旦那様が配偶者控除を受けることができるのです。

 

次に、配偶者特別控除について。

配偶者控除は配偶者の合計所得金額38万以下の人のみ対象となるのですが、
配偶者特別控除は配偶者が38万円を超えてしまっても、76万円以下であれば段階的に控除がありますよといった制度です。
もちろん、配偶者控除に比べて配偶者の所得が高くなる分、控除額は少なくなるのですが
ないよりはあるほうがいいですよね♪

そして本題はこの『配偶者特別控除』が来年2018年から改正されるのです!
今までは配偶者の所得が38万円~76万の場合に配偶者特別控除が受けられましたが
来年からはこの所得の上限が引き上げられ、38万~123万となります。
分かりやすくいうと103万を超えても201万6千円未満なら配偶者特別控除の対象となり得るということなんです。
ただ、所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は配偶者特別控除の適応は受けられないこととなりました。

詳しい控除額は国税庁のホームページをご参考ください♪
https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/pdf/01.pdf

 

旦那様の扶養内で働くときに考える、「通称103万の壁」。
この機会に少し勤務日数を増やしてみたり、社会保険に加入してお仕事してみたりと
業務の幅を広げる検討をするきっかけになったら嬉しく思います。

では、今年もあと15日♪
インフルエンザも流行っているので、うがい手洗いを忘れずによいお年を。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

御堂筋イルミネーションとお仕事相談

こんにちは!わくめでぃです。

12月は本町にあるワークステーション本社から歩いて5分程のところで、毎年恒例の
「御堂筋イルミネーション」
が開催されています!

IMG_4273_s御堂筋の淀屋橋から難波までの区間で、イチョウ並木がイルミネーションで彩られます。
本町から梅田に向かって歩いていくと、使われている色が、ホワイト⇒ゴールド⇒ブルーと変わっていきます。
IMG_4268_s

IMG_4271_sIMG_4283_s

毎年異なるデザインなので、昨年との違いを見るのも楽しいです。

また、ワークステーションが入っているビルの入口では、毎年この時期になると大きなクリスマスツリーがお出迎えします。
こちらも毎年違うものになっていて、今年は赤を基調としています。

IMG_4286_s

ワークステーションにお越しの際にはこのツリーと、お時間があれば御堂筋のイルミネーションにもお立ち寄りいただき、本町を楽しんで帰っていただければと思います。

年が変わる節目の時期や、年末年始のお休みの時期は、今後のお仕事について考えるのにもいい時期です。
ワークステーションは12月28日(木)まで営業しています。
「年が明けたら新しいことを始めたい」「転職を考えている」「お仕事について相談してみたい」
など、お仕事や、お仕事に関わるライフスタイルのことなど、お気軽にご連絡・ご相談ください。
お待ちしています!

【働き方別サポートのページ】
▼転職サポート
https://www.medicalstation.co.jp/support/tenshoku/

▼派遣・パートで働く
https://www.medicalstation.co.jp/support/haken/

▼単発で働く
https://www.medicalstation.co.jp/support/tanpatsu/

【今後のセミナー・説明会・イベント情報】
https://www.medicalstation.co.jp/event/

 

御堂筋イルミネーションの開催期間は2017年12月31日(日)まで、点灯時間は17:00頃~23:00です。

▼詳しくは「御堂筋イルミネーション2017」のページでどうぞ
http://www.hikari-kyoen.com/midosuji/

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

 

おすすめ漫画紹介!『今日も私は老人ホームの看護師です』

photo_watanabe

本日は福祉施設担当コーディネーター渡邉より、おすすめの本を紹介させていただきます。

実は漫画です。

「今日も私は老人ホームの看護師です」という題名。

1512559202066鈴橋加織さんという現役の看護師さん、まさに特別養護老人ホームで勤務中の看護師さんが、日々起こる入居者様との出来事をかわいらしい絵と共に、面白おかしく描かれています。
そしておそらく、この特別養護老人ホームは大阪にあります。
(中身にちょくちょく、大阪っぽいやりとりが出てきます)

私がこの本に出会ったのは昨年。
自宅でとっている朝日新聞の朝刊の本の宣伝欄で題名を見つけ、即、欲しい!と思いました。
でも、どの書店でも売ってなくて
やはりお取り寄せ。

漫画なので当たり前かもですが
手にして30分位で一気に読み
声を出して笑う部分も
ちょっと泣いちゃう部分もあって、ほんとに楽しい1冊。

これが1巻なので2巻に続くのですが
現役の看護師さんなのでお忙しいようで
まだ2巻は発売されていないようで
首を長くして2巻を待っている私です。

少し中身にふれさせていただくと、

トイレに行くのが面倒だから水分をとらないおじいさんに水分をとらせるための努力

や、

シモネタばかり言う認知症のおじいさんとの向き合い方

や、

耳も遠くなり、目も悪くなり、被害妄想がひどくなっていくおばあさんを穏やかにさせる方法

など、日々起こるトラブルや、
お薬のこと、怪我や、病気のこと、看護師さんの目線、そして、家族のような距離で生活されている空間を共にする存在として出くわす出来事についてが
鈴橋さんのユーモア交えながら

もちろん仕事は大変だけどやりがいもあり幸せな瞬間もあり

ということも含めたっぷり描かれています。

 

どんどん高齢化社会がすすむなか、そろそろ福祉施設でのお仕事をお考えの看護師さんや、
お身内の施設入居を考えられている方など
いろんな方に読んで頂きたいなぁと私はまず1巻を読み終えて思いました。

 

作者、鈴橋さんも、
難しい専門書ではなく、
特別養護老人ホームで仕事をして得た知識や経験を
病院の仕事とは全く違う日々のことを

少しでもわかりやすく
日本中の同じ職種の看護師さんを始め
世間の皆様に知っていただけたら
と、多忙ななかでも
漫画にするということを決意されたそうです。

私は福祉施設担当コーディネーターとして、
もちろん勉強のひとつとして読み、常にデスクの引き出しにこの本を入れています。

もし、興味あるけど、購入するまでは、、、
と思われるなら
ワークステーションに遊びにきていただいて
渡邉さん読ませて~と言ってくださったら、
私のバイブルなのでお貸しは出来ませんが(笑)、ワークステーションのロビーで読んで頂くことも可能ですよ♪

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします