月別アーカイブ: 2017年11月

11/28(火) 単発説明会&転職相談会を開催しました

022コーディネーターの小倉です。

本日11月28日(火)に、本町にあるワークステーション本社にて、
毎月恒例、『単発説明会&転職相談会』を開催いたしました。

本日は、5名の看護師さんにご参加いただきました。
なんと、そのうち4名の方がネット検索でワークステーションの単発説明会を見つけて参加されました!

1511850408880_s

ワークステーションは長期的なお仕事のご相談ももちろんですが、単発のお仕事を通して看護師さんと出会う事も多いのです。
その中で、単発のお仕事を希望される理由を少しご紹介いたします!

  • 常勤の空いた時間を活用したい!
  • 旦那さんがお休みの日に子どもを見てもらいながら単発のお仕事をしたい!
  • 単発で様々なフィールドの経験を積んでみたい!
  • 期間限定で単発のお仕事をしたい!
  • 福祉施設に転職しようか迷っているので、単発で勤務して自分に合っているか確かめたい!
  • ブランクがあるので、固定のお仕事をする前に慣らしておきたい!

などなど…様々な理由がございます!

本日の単発説明会に参加された方にも、実際に上記にあるような理由の方もいらっしゃいました。
単発をしてみたいけど、不安な事が多くてなかなか一歩が踏み出せない方がいらっしゃいましたら、是非ワークステーションの単発説明会にお越しくださいませ☆
コーディネーターがご希望やご状況などを伺い、お仕事のご案内をさせていただきます!

1511850407354_s

次回の単発説明会は
2018年1月25日(木)となっております!
1ヶ月空きますが、その後も定期的に開催いたしますので、ご参加お待ちしております!

●今後の単発説明会・転職相談会・セミナーなどイベントの開催情報はこちら
http://www.medicalstation.co.jp/event/

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

11/18(土)ターミナルケアセミナーを開催しました

photo_watanabe

コーディネーターの渡邉です。

11月18日土曜日に、本町にあるワークステーション本社にて、「ターミナルケアセミナー」を開催しました。

講師は、昨年の11月に「リウマチを知ろう・ホスピス病棟の風景」というテーマでもご講義いただいた飯田智子先生。

IMG_0242

飯田先生は、登録リウマチ看護師資格もお持ちでらっしゃいますが、ホスピス病棟でも長年勤務されたご経験があり、今回のテーマはまさに「ホスピス病棟を見つめて」ということで、様々な患者様の終末期看護を経験されてきましたので、看護師さんたちへ先生が経験されたこと、学ばれたことを2時間半ご講義いただきました。

飯田先生はとても丁寧な自己紹介からセミナーをスタートされます。

お声が優しく、ゆっくりおだやかにお話されるのに、お話の展開が軽快なので、受講される看護師さんは皆さん笑ったり声を出して相づち打たれたり、しっかりと反応しながら、先生がどういう方でどんな経験をされて、どんなところに生まれ今はどこで生活されているか理解された上で本題の受講に入られることとなり、本題が始まる頃には皆さん、先生のお話に構えなく、セミナー内容を楽しんでいただける状況になっておられるのがわかるほど、会場が温かい雰囲気になります。

IMG_0247

自己紹介のなかで、先生が生まれた大分県日田市、天然水が有名な地域ですが、漁師さんが多く、漁師さんは刺青をされている方が多いのはなぜかという理由を話される部分があり、そこは、目からうろこでとっても印象に残りました。

なぜだかお分かりですか?
ご想像くださいませ。

そして、本題。
受講者のかたのセミナー後のアンケートにもあったのですが、「写真やイラストが多い」セミナー資料を使用してくださるので、耳から入る先生のお言葉が目でも楽しめる部分が多く、時間内全く心がよそにいかず、先生のお話とセミナー資料にひきこまれ、本当に充実した二時間半となります。

IMG_0250

休憩時間にはいつも、お茶、お菓子を弊社で用意させていただいており、先生や弊社顧問と受講者の皆さんが飲食しながら交流をもっていただけるお時間になるのですが、
今回は先生の手作りクッキーを沢山弊社に差し入れとしていただいたので、先生にご相談し、受講者の皆さんにも休憩時間に食べていただきました。
オートミールとチョコチップのさくさくクッキー、本当に美味しくて皆さん、先生のその優しさとあまりの美味しさに感動し、笑顔もよりいっそう増え、いつも以上に休憩中の交流も深まっていたと思います。

そんな休憩をはさんでセミナー後半には、先生のホスピス病棟で体験された患者様のファイナルギフト(ファイナルギフトって?と思われる方は、また来年も開催予定の飯田先生のセミナーにご参加くださいませ)についてのお話があり、命の最期を迎えられた患者様とご家族、病棟内のエピソードに涙される方もおられました。
(いや、私がいちばん泣いていました)
どう死ぬかはどう生きるかにつながることなのだと考えさせられた時間です。

IMG_0257

IMG_0261

受講者の方々のアンケートは、セミナー内容への満足はもちろんのこと、先生のファンになったと書かれた方も多くいらっしゃいました。

先生が資格を持たれているリウマチについても、講義を受けたいというお声も数人ございました。

またぜひ来年も飯田先生のご多忙のなかに、弊社でのセミナーを予定していただけるように、私たちもしっかり運営計画を頑張っていきたいと思います。

飯田先生は日田市ご出身で神戸に来られて、阪神大震災を機に今お住まいの兵庫県三木市に移られたのですが、わたし自身が三木市出身のため、ついつい先生にお会いすると、地元の話ばかりしたくなり、時間を忘れ、先生にお話してしまうのですが、今回、先生は直前に体調を壊され、声も出ない日もあり、1週間でなんとかセミナー当日、声が出るように体調を戻されたということで、回復に持ち込まれた気合いをひしひし感じ、このセミナーに力を注いでくださったおかげで、疲れと三木市の底冷えで体調不良が再び襲ってきませんようにと、お見送りするときは切に感じた私です。

体調壊されていたエピソードも講義のなかに盛り込んでくださり、先生のオープンなお人柄に皆さん惹かれた1日。
生きていくうえで大切にしたいことをいくつも学ばせていただいた1日となりました。

IMG_0262

2018年もセミナーを次々開催予定です。

ワークステーションのホームページで告知していきますので、多くの皆様のご参加お待ちしております。

寒くなってきましたが、読んでくださっている皆様もお体温かくして、どんどん冷える季節に備えてくださいませ。

●今後のセミナー、お仕事説明会、相談会などの開催情報はこちら
http://www.medicalstation.co.jp/event/

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

介護福祉施設での看護師さんのお仕事

介護福祉施設は、利用者の生活の場で、
病気の治療を目的とする病院とは違い、
看護師の仕事内容も変わってきます。

利用者と関わる時間も長く、こちらも病院の環境と比べると、
入居者とコミュニケーションを深く取りながら向き合うことができます。
一方で介護福祉施設では看護師の人数は少なく、
介護を行うスタッフの方がメインの職場です。
介護福祉施設で働く看護師のスタッフにとっては、
利用者と接する時間の長い介護スタッフとのコミュニケーションを
うまく取っていくことも大事な職場です。
看護師としてのブランクがある方でも、
利用者の健康を維持していく介護福祉施設での仕事から始めれば、
復帰もしやすいのではないでしょうか。

介護福祉施設でのお仕事にご興味がある方は、是非ご相談ください!

最新の介護福祉施設求人情報を少しだけご紹介!

【大阪市日淀川区/デイサービス】☆看護師☆週3日、月・水・金固定の派遣!
http://www.medicalstation.co.jp/search/detail.php?offer=2TN0001

【大阪市東淀川区/障がい者支援施設】☆看護師☆週3日からの日勤派遣のお仕事です!
http://www.medicalstation.co.jp/search/detail.php?offer=2TN0002

【大阪府富田林市/特別養護老人ホーム】☆看護師☆週3日からの派遣♪1850円の高時給!
http://www.medicalstation.co.jp/search/detail.php?offer=2OK0001

【京都市山科区/有料老人ホーム】☆看護師☆週2日~勤務可能!日勤派遣でのお仕事です♪
http://www.medicalstation.co.jp/search/detail.php?offer=2OU0002

※上記求人は11/9現在での情報です。既に充足している場合もありますので、
ご応募、ご相談はお早めにお願いします。

介護福祉施設でのお仕事をご希望の方
または、お仕事でお悩みの方は・・・
TEL:0120-809-606
または以下サイトよりお問い合わせください。
http://www.medicalstation.co.jp/

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ

お役立ちシリーズ:「ふるさと納税」について

こんにちは!わくめでぃです。

第5回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんにちょっと得する(かも)税金のお話♪

前回年末調整についてお話ししましが、それに関連し、今回は
「ふるさと納税」
についてご案内します。

このブログを読んでちょっとでも税金について興味を持ってもらえたら嬉しいです。

もうすでに寄附したよっ!って方も多いかもしれませんが、平成27年度税制改正で、ふるさと納税がより身近になりました!

ふるさと納税枠が以前より約2倍に拡充され、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内であれば、控除に必要な確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まっているのです。
めんどくさいなぁと思ってる方、意外と簡単なのでぜひ一度トライしてみてください。

まず、ふるさと納税とは・・・

応援したい自治体(地元でなくてもOK!)に寄附ができる制度です。
収入などで決まる限度内であれば、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されます。
さらに、寄附のお礼の品として、肉やお米、スイーツや宿泊券など地元の名産やゆかりのあるものを送ってくれる自治体も多く、ふるさと納税の魅力のひとつとなっています。

また、集まった寄附金は自然保護や文化財の保全、子育て支援、震災復興などに活用され、寄附の際に使い道を納税者が指定することもできます。

ざっくりふるさと納税のしくみをお伝えしたところで、「私の控除の上限金額はいくらだろう??」と思いますよね??
寄附したすべてが控除されるのではなく、おおよそ住民税の2割が上限の目安になります。

下記のサイトで、おおよその目安の確認と控除額のシミュレーションができます。

▼ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/example.html

◎年収300万円の方で約28000円、年収400万の方で約43000円の控除を受けることができます!(独身の場合)

ここからはふるさと納税のしくみです
(ワンストップ納税を利用する場合)

①控除の上限額を知る
②寄附先を調べて好きな市町村に申し込み&寄附をする
③「寄附金受領証明書」&「お礼の品」が届く
④寄付金受領証明書に同封されているワンストップ特例の申込書を記入し、マイナンバーカードコピー若しくはマイナンバー通知カードコピー&身分証明書コピーを同封して郵送
⑤ワンストップ特例の受領書が届く
⑥完了

気を付けなければならないのは、ワンストップ特例を受けることができるのは、寄附する5市町村以内であることです。
うっかり6つの市町村に寄附しちゃったときは確定申告が必要となりますのでお気を付けください。

寄附先やお礼の品を調べるためのサイトは、ここ数年でとても充実してきています。
サイトによって掲載されている市町村もお礼の品も異なることがあるので比較するのも楽しく、寄附にはほとんどの市町村でクレジットカードが使えることもお得ポイントですね。

▼ふるさとチョイス・・・いわずとしれたNo1サイト。利用者数、掲載お礼の品数どちらもきっと最大です。
https://www.furusato-tax.jp/

▼ふるぽ・・・ここにしかないレアなお礼の品も多数!!ポイント制なので選ぶ楽しさもあります。
http://furu-po.com/

▼楽天市場・・・楽天ユーザーさん必見!ここだと楽天ポイントも溜まるので、Wでお得です。
https://event.rakuten.co.jp/furusato/

わくめでぃイチオシのお礼の品はこちら
▼和歌山県北山村・・・10,000円の寄付でエビスビール24缶♪晩酌に最適!
https://item.rakuten.co.jp/f304271-kitayama/sp-0010/?s-id=rk_pc_furusato

▼兵庫県洲本市・・・淡路牛の切り落とし!300gごとの小分けで使いやすさ満点!
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/28205/255894

▼北海道沼田市・・・特Aゆめぴりか10kg。もっちり極上米は魚沼産コシヒカリ以上かも。
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/01438/334636

寄附をした市町村に愛着もわきますし、何よりもお礼の品の美味しいこと!!
わくめでぃは毎年控除額限界ギリギリまで楽しく寄附をしています♪

この機会に皆さまもぜひ!
以上、ふるさと納税について熱く語ったわくめでぃでした。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします