月別アーカイブ: 2013年6月

メディカル事業部の新入社員さんにインタビュー!①

わくめでぃです!前回、予告した通り新入社員さんにインタビューをしてきたので、発表していきたいと思います♪
メディカル事業部には4月に2名の新入社員が入社しまして、もうすぐ3カ月になります!
最初は初々しく先輩たちにあれやこれや教わっていたのですが、最近では一人で営業に出たりなど、社会人らしくたくましくなってきた様子が見受けられます!
電話の受け答えも機械的だったのがだんだん生身の人間らしくなってきました。
数ヶ月前たどたどしく電話に出ていたのはこの二人です。声を聞かれた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
ちなみに二人は↓こんな顔をしています☆有本(ありもと)君と、古川(ふるかわ)君です!

S_2

写真を撮る際、「表情が硬い」と突っ込んだんですが、何度撮ってもひきつったまま。私の腕が悪いんですね。
数ヵ月後にもう一度写真撮影をしてみたいと思います。今度は自然な笑顔を引き出せるようがんばりますので、是非見比べてくださればと思います!
インタビューは次回に掲載しますのでお楽しみに♪
ワークステーションのスタッフさんで、もう既にこの二人にお会いしたことがある方がいらっしゃったら、レアですよ。なにか良いことがあるかもしれません。

良いことをすると返って来る気がする…。

一昨日のことですが、帰宅する際、私はディアモール(梅田)を経由して帰ります。
その時も普通に通過していたのですが、財布が落ちていることに気がつきました。ディアモールなので、平日といえどそこそこの人通りだったので、財布を拾うにも勇気がいりましたが、他の方が拾ってネコババしたら落とし主も困るだろうと思って、素早く拾ってその場で踵を返して、保安室に届けに行きました。
 
電車で席を譲る時もそうなんですが、善意をアピールするようで、行動を起こすにはかなり勇気がいりますが、「ありがとう」と言ってもらえると、とても幸せな気持ちになるので、結果お互い嬉しいってことになって、とても良いことだと思います。
 
そんなわけで、財布を拾って届けるというなかなかできない経験をした翌日。
昨日のことですが、今度は私が電車の中で、定期を落としてしまいました。下車駅で定期を落としたことを伝えると、そのまま通してくれたのですが、かなりショックでした。
 
その後家に到着したとき電話がなって、落し物の定期を親切な人が届けてくれたと連絡がありました。
とても嬉しくて、親切に届けてくれた人に感謝の気持ちでいっぱいになり、一昨日財布を届けたから、まわりまわって親切が返ってきた、と思うことに。
 
届けれくれた人にも良いことが訪れますように!

☆☆期間限定掲載求人ご応募はお早めに☆☆
【寝屋川市/大学】☆正看護師☆人気の学校内保健室のお仕事です!!
◆紹介予定派遣6カ月後、直接雇用になれます!
◆キャンパスの学生数は2800名♪学生さんにパワーをもらえます!
http://www.medicalstation.co.jp/search/detail.php?offer=MNT0299
 
とりとめのない日記になってしまったのですが、次回はメディカル事業部に入社したばかりのピカピカの新入社員さんたちにインタビューを行ったので掲載したいと思いますのでお楽しみに~
 

アウトドアにお役立ちグッズ!

「アウトドアにお役立ちグッズ!通話もできるデジカメ!」と、いう触れ込みで、新しいデジカメが話題になっていました。
よくよく見るとデジカメにスマホの画面が付いたもの。Galaxyの製品です。
そういえばこういう携帯なかったっけ…。
こうなってみると、デジカメに携帯がついているのか、携帯にデジカメがついているのかよく分かりませんね。
でもデジカメよりのスマホだったら2個も持たなくてすむので、確かにアウトドアに役立つのかも。
通話ができる一眼レフとかもできないかな。
 
アウトドアといえば、最近の私の趣味が登山になりつつあるので、もともとインドア派の私がアウトドア派になりつつあります。
山登りに限らずアウトドアグッズはかなり色々な種類があることを知って、最近はショップに寄るのがすごく新鮮で楽しいです。
 
特にお料理グッズに興味を示していまして、そのバラエティの豊富さには驚かされました。
なんかアウトドアのお料理グッズといえば、私の中では炭でBBQだったり飯盒炊さんでカレーとかそんなイメージだったんですが、ちっさなコンロとかバーナーとか、お湯を入れるだけで食べれるインスタント食品だとか、とにかく色々ありますね。
 
景色の良い場所で手軽にごはんっていうのも良いですね。
もちろんゴミはお持ち帰りです。
 
この夏は父と山でテント泊するので、美味しそうなインスタント食品を集めとこうかと思います!
 
 

フィジカルアセスメントセミナー2開催しました!

好評を頂いております、ワークステーションの無料セミナー!
こちらは看護力アップセミナーとして看護師さんを対象に開催しています。
転職や復職のお役にたてれば、ということで、いつも沢山の看護師さんにセミナーに関するお問い合わせいただいています。
ありがたいことに今回もキャンセル待ちがいらっしゃるくらい沢山のお申し込みをいただきました。
 
少人数制なのと、限りある座席の都合でお申し込み順の受付となってしまって、本当に心苦しいのですが、セミナーに興味をお持ちの方は、ホームページやメルマガをチェックいただけると幸いです。
 
さて、今回はフィジカルアセスメントセミナーの2回目です!
 
Photo01
 
1回目より突っ込んだ内容でして、呼吸音など実際に聴いていただいたりなど実践を行ったりして、和気あいあいとした雰囲気でした!
 
 
Photo02
 
Photo03
 
参加された看護師さんはとても意識が高く、セミナー中はもちろんセミナー終了後も先生に熱心に質問されたりなど、活気のあるセミナーとなり、開催側のワークステーションも嬉しく思いました!
 
セミナーではアンケートをお配りしているのですが、細かく感想を書いていただいて、私たちもその感想を元にもっともっとパワーアップして看護力アップセミナーをお届けしたいと思います!
満足頂いている意見がほとんどでして、私たちも励みになります!
 
9月に次回セミナーの開催を予定しておりますので、この機会にワークステーションにご登録いただいて、セミナー開催のメルマガを受け取っていただけると幸いです。
 
 
 
 

季刊誌メディカリズム夏号作成中!

スタッフさんに好評を頂いております、季刊誌メディカリズムの夏号、現在制作真っ最中です!
わくめでぃも編集やらデザインをやらせていただいているのですが、今回はコラムの枠を頂きましたので、ブログのメディカリズムの出張版ってところでしょうか。
 
コラムはなにを書こうと思ったのですが、やっぱり自分が大好きなことをご紹介するのが一番かなっと思ったので、夏のお出かけ情報にしてみました。
 
明日の土曜日に山ガール?達とトレッキングに行くので、その場所をご紹介します♪
夏に暑い思いをして登山!?とよく言われるんですが、夏は絶好の登山シーズンなんです!
確かに日差しは強いのですが、山は標高が上がるとどんどん涼しくなってきます。1000メートル以上の高さになるとかなり涼しくちょっと寒いくらい。
木漏れ日もやわらかで癒されるし、自然に咲いている花は可憐だし、鳥の声とか、道中のおやつとか、山頂からの絶景とか、下山後のビールとか楽しことだらけです!
梅雨なので山の上の天気が心配ですが、日頃の行いを信じて週末を迎えようかと思います♪
 
メディカリズムのお話からかけ離れてしまいましたが、メディカリズムはワークステーションの社員とスタッフの皆さんの繋がりの場だと思って、社員のみんなの手で丁寧に作っていますので、目を通していただけると嬉しいです!
 
今回は7月上中に発送予定となっております!
お仕事情報も沢山掲載していますので、気になるお仕事があればお気軽にエントリーしてくださいね!
 
 

スタッフVOICE更新しました!

ホームページにスタッフVOICEというページがあるのですが、これはワークステーションに登録の看護師さんの体験談を掲載するページとなっています。
 
実際に看護師さんがどのように悩まれて、解決されているかといった内容なのですが、看護師さんに限らず、お仕事をするにあたって、女性が直面する悩みが多いので、私も同じ女性の立場から共感したり考えさせられたりします。
 
今回のVOICEは営業の法澤さんが回答しているのですが、内容はお二方とも子育てに関することがテーマになっています。
子育てをしながら、子供の成長に合わせて仕事量を調整したり、子育てがひと段落してブランクがある中でのお仕事探しを行ったりなど、昨日今日悩んで明日解決する、みたいな問題ばかりではないですよね。
 
 
ワークステーションがやっていきたいことは、スタッフさんと長くお付き合いさせていただいて、その時の家庭環境とか、気持ちの問題からくる条件に合ったお仕事をご提案していくということです。
 
ライフサポートというと大それたことのようですが、まずは看護師さんの声をしっかりと聞いて、その時の最善を尽くすことができればと思っています。
 
スタッフVOICEは、毎月月末ぐらいに更新しています。
ワークステーションに登録されている看護師さんで、体験談をお寄せいただける方いらっしゃいましたら、ぜひ担当の営業やコーディネーターにお声掛けくださいませ!
 
私たち社員も皆様の声に勇気づけられたり励みになったりしております♪
 
体験談の詳細は、宜しければ「スタッフVOICE」をご覧になっていただけると幸いです!
 
スタッフVOICE