カテゴリー別アーカイブ: 派遣Q&A

お役立ちシリーズ:「ふるさと納税」について

こんにちは!わくめでぃです。

第5回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんにちょっと得する(かも)税金のお話♪

前回年末調整についてお話ししましが、それに関連し、今回は
「ふるさと納税」
についてご案内します。

このブログを読んでちょっとでも税金について興味を持ってもらえたら嬉しいです。

もうすでに寄附したよっ!って方も多いかもしれませんが、平成27年度税制改正で、ふるさと納税がより身近になりました!

ふるさと納税枠が以前より約2倍に拡充され、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内であれば、控除に必要な確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まっているのです。
めんどくさいなぁと思ってる方、意外と簡単なのでぜひ一度トライしてみてください。

まず、ふるさと納税とは・・・

応援したい自治体(地元でなくてもOK!)に寄附ができる制度です。
収入などで決まる限度内であれば、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されます。
さらに、寄附のお礼の品として、肉やお米、スイーツや宿泊券など地元の名産やゆかりのあるものを送ってくれる自治体も多く、ふるさと納税の魅力のひとつとなっています。

また、集まった寄附金は自然保護や文化財の保全、子育て支援、震災復興などに活用され、寄附の際に使い道を納税者が指定することもできます。

ざっくりふるさと納税のしくみをお伝えしたところで、「私の控除の上限金額はいくらだろう??」と思いますよね??
寄附したすべてが控除されるのではなく、おおよそ住民税の2割が上限の目安になります。

下記のサイトで、おおよその目安の確認と控除額のシミュレーションができます。

▼ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/example.html

◎年収300万円の方で約28000円、年収400万の方で約43000円の控除を受けることができます!(独身の場合)

ここからはふるさと納税のしくみです
(ワンストップ納税を利用する場合)

①控除の上限額を知る
②寄附先を調べて好きな市町村に申し込み&寄附をする
③「寄附金受領証明書」&「お礼の品」が届く
④寄付金受領証明書に同封されているワンストップ特例の申込書を記入し、マイナンバーカードコピー若しくはマイナンバー通知カードコピー&身分証明書コピーを同封して郵送
⑤ワンストップ特例の受領書が届く
⑥完了

気を付けなければならないのは、ワンストップ特例を受けることができるのは、寄附する5市町村以内であることです。
うっかり6つの市町村に寄附しちゃったときは確定申告が必要となりますのでお気を付けください。

寄附先やお礼の品を調べるためのサイトは、ここ数年でとても充実してきています。
サイトによって掲載されている市町村もお礼の品も異なることがあるので比較するのも楽しく、寄附にはほとんどの市町村でクレジットカードが使えることもお得ポイントですね。

▼ふるさとチョイス・・・いわずとしれたNo1サイト。利用者数、掲載お礼の品数どちらもきっと最大です。
https://www.furusato-tax.jp/

▼ふるぽ・・・ここにしかないレアなお礼の品も多数!!ポイント制なので選ぶ楽しさもあります。
http://furu-po.com/

▼楽天市場・・・楽天ユーザーさん必見!ここだと楽天ポイントも溜まるので、Wでお得です。
https://event.rakuten.co.jp/furusato/

わくめでぃイチオシのお礼の品はこちら
▼和歌山県北山村・・・10,000円の寄付でエビスビール24缶♪晩酌に最適!
https://item.rakuten.co.jp/f304271-kitayama/sp-0010/?s-id=rk_pc_furusato

▼兵庫県洲本市・・・淡路牛の切り落とし!300gごとの小分けで使いやすさ満点!
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/28205/255894

▼北海道沼田市・・・特Aゆめぴりか10kg。もっちり極上米は魚沼産コシヒカリ以上かも。
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/01438/334636

寄附をした市町村に愛着もわきますし、何よりもお礼の品の美味しいこと!!
わくめでぃは毎年控除額限界ギリギリまで楽しく寄附をしています♪

この機会に皆さまもぜひ!
以上、ふるさと納税について熱く語ったわくめでぃでした。

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

 

お役立ちシリーズ:「年末調整」について

こんにちは!わくめでぃです。

第4回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんからよくお問い合わせいただく質問について簡単にご説明させていただく、人気になる予定のコーナーです。

働くにあたって不安なこと、心配なことなどなど。
このブログを読んでちょっとでも安心して お仕事はじめていただけたら嬉しく思います。

第4回は「年末調整」についてご紹介♪

まず年末調整とは何か、ざっくり言うと、
「1月~12月に支払った給料や源泉所得税の過不足を清算すること」
です。

本来所得税は1年間の収入に対して決定するものなのですが、1年分まとめて支払うとなると、収入によってはかなりの高額となることもあります。
そのため会社等にお勤めされている方はだいたいこれくらいになると想定される金額を源泉徴収税額表から導き出し、給料から毎月天引きされています。
これを「源泉徴収」といいます。

年末調整というと、年末が近づくと勤めている会社からいろいろな書類提出の案内が来て、12月の給料で過不足が調整されていて・・・・
と、あまり意識せず実施されていた方も多いかと思います。

派遣社員であっても同様に、対象となる方は年末調整を実施します。
ワークステーションでは具体的に以下の①~④を全て満たす方が対象となります。

 

【年末調整の対象となる方】

①11月1日~11月末日にワークステーションからの派遣就業がある。
⇒12月支給のお給料で年末調整を行うため、そもそもこの期間にお仕事がない方は残念ながら対象外になります。

②ワークステーションがメインの勤務先である。
⇒これは○扶の書類を出しているかどうかになります。
メインの常勤先等がある方はそちらで年末調整を実施してもらうか、ご自身で確定申告をお願いします。

③ワークステーションに年末調整の書類を提出後、年内にワークステーション以外で収入がない。
⇒ワークステーションに申請した書類以外で収入があると、本年の収入を確定して清算することができないため、対象外となります。

④決められた提出期限までに、必要書類の提出が可能である。
⇒多くの派遣スタッフさんの年末調整を一斉に行うので、書類の提出期限の厳守をお願いしています。

①~④の全てを満たす方には、12月15日振込予定のお給料で年末調整を実施することができます。
詳しくは11月の給料明細に同封されている書類をご覧いただくか、ワークステーションまでお気軽にお問い合わせください。

余談ですが・・・
わくめでぃは「年末調整は払いすぎた税金が戻ってくるもの!」と思っていました。
正しくは「戻ってくるのではなく、過不足を清算する」なので、時には徴収されることもあるそうです。
そんなドキドキワクワクの年末調整ですが、奥が深いので今回はこの程度に・・・♪

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

お役立ちシリーズ:「はけんけんぽ」について

こんにちは!わくめでぃです。

第3回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんからよくお問い合わせいただく質問について簡単にご説明させていただく、人気になる予定のコーナーです。

働くにあたって不安なこと、心配なことなどなど。
このブログを読んでちょっとでも安心してお仕事をはじめていただけたら嬉しく思います。

第3回は「はけんけんぽ」についてご紹介!

ワークステーションでは、契約時間・期間等の加入要件を満たした方には
「社会保険(厚生年金・健康保険・雇用保険)」に加入していただいています。

健康保険に関して、ワークステーションは「人材派遣健康保険組合(通称:はけんけんぽ)」に加入しているので、派遣でお仕事される方の健康保険は「はけんけんぽ」になります。
余談ですが、はけんけんぽは2002年にできた組合で現在15年目☆

福利厚生としては、スポーツクラブのお得な法人価格での利用、契約ホテルの宿泊料金の割引、常備薬の斡旋などがあります。

▼スポーツクラブ(コナミ)
http://www.haken-kenpo.com/member/health/konami.html

▼スポーツクラブ(東急スポーツオアシス)
http://www.haken-kenpo.com/member/health/oasis.html

▼スポーツクラブ(ルネサンス)
http://www.haken-kenpo.com/member/health/renaissance.html
☆大手のスポーツクラブと提携しているので、あなたのおうちの近くにもあるかも!

▼はけんけんぽ契約ホテルはこちら
http://www.haken-kenpo.com/member/health/contract.html

▼常備薬斡旋はこちら
http://www.haken-kenpo.com/member/health/medicine.html#cat03Health01

以前も少しブログで取り上げたのですが、スポーツクラブは都度利用などもできるので、
継続の自信がなくって・・・という方は、まずは都度会員から初めて健康管理に役立ててみてはいかがでしょう??

また、病気やケガをした時や、出産をしたときなど必要に応じて給付を受けることができる場合もありますので、下記のホームページをチェックしてみてください☆

▼保険給付一覧
http://www.haken-kenpo.com/member/outline/list.html

最後に、はけんけんぽに2ケ月以上継続して加入いただいた方は、退職後に任意継続制度を利用することができます。
こちらは、ご自身で国民健康保険に加入するか任意継続被保険者となるのか選ぶことができますので、申請期限を超える前に加入するか決めてくださいね!

▼任意継続被保険者制度について
http://www.haken-kenpo.com/member/outline/voluntary_a.html

元気で健康な時はついついその存在を忘れそうになる「健康保険」ですが、「いざ」というとき、とっても強い味方となる保険なので、皆さま一度、はけんけんぽのホームページをご覧ください♪

▼人材派遣健康保険組合
http://www.haken-kenpo.com/index.html

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

お役立ちシリーズ:給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

こんにちは!わくめでぃです。

第2回「お役立ちシリーズ」
派遣で働くみなさんからよくお問い合わせいただく質問について簡単にご説明させていただく、人気になる予定のコーナーです。

働くにあたって不安なこと、心配なことなどなど。
このブログを読んでちょっとでも安心してお仕事をはじめていただけたら嬉しく思います。

第2回は給与所得者の扶養控除等(異動)申告書について。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
通称「○(マル)扶」と呼ばれるものですね!
正社員・アルバイト関わらずお仕事したことある方は一度は見たことある、あの書類です☆

h29_01_ページ_1

h29_01_ページ_2

この申告書はお仕事していただいた方の給料について「源泉所得税」を決定するために、毎年提出しなければならない書類となっています。
これは、配偶者控除などの税法上の諸控除を受ける為に必要なもので、控除対象配偶者や扶養家族の有無、収入の多少にかかわらずメインの収入先として給料の支払いを受ける方は、原則として就業先に提出することになっています。

提出の有無はもちろん扶養家族の有無や現状でも税率が変わり、扶養されている人が多いほど税率が低くなってきます。
要は、1ケ所でしかお仕事していない方はその勤務先へ、掛け持ちされている方は主たる収入先へ「○扶」用紙を提出しましょう!ということです。

仮に派遣スタッフとして勤務中のA子さん(独身1人暮らしで扶養家族なし)の、とある月の社会保険料等控除後の給与等の金額が20万円あったとします。
○扶用紙を提出していたら「4770円」の所得税が引かれますが、提出していないと「20900円」の所得税が引かれてしまいます。

詳しい税率はこちらをご参考ください。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2016/data/01-07.pdf
(平成29年度の給与所得の源泉徴収税額表です)

もちろん、源泉徴収された所得税はあくまでも概算になります。
年末調整または確定申告によって年間の所得がすべて合算された上でその年に支払う税額が決定し、給料から天引きされていた所得税の過不足が清算されるので、提出し忘れて多く徴収された所得税が一生戻ってこない!というわけではないですが、当月で調整されるものではないので、くれぐれも、主たる収入先に「○扶」用紙の提出をよろしくお願いいたします。

また、提出遅れ等でその月のお給料支払いに間に合わなかった場合も、提出すれば翌月から反映することができるので、あきらめずにご提出くださいね。

今回もちょっとお堅い内容でしたが、次回もお楽しみに♪

 

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします

お役立ちシリーズ:扶養について

こんにちは!わくめでぃです。

これから月1回程度「お役立ちシリーズ」と題して
派遣で働くみなさんからよくお問い合わせいただく質問について
簡単にご説明させていただくことにしました。

働くにあたって不安なこと、心配なことなどなど。
このブログを読んでちょっとでも安心して
お仕事はじめていただけたら嬉しく思います。

記念すべき第一回シリーズは「扶養について」

「扶養内でお仕事したい!」
・・・でも扶養内ってそもそも何??と思われている方も多いと思います。
今回はそんな方のために簡単にご説明します。

まず一般的に扶養というと「社会保険上の扶養」と「税金上の扶養」の二種類があります。

扶養から外れてしまうと、配偶者や親の税金が増えたり
社会保険料を自分で払わなければならなくなってしまったりするので注意が必要です。

●税金上の扶養を受けるためには・・・
パート収入が年収103万円以下の場合、
配偶者または親に扶養されている人として優遇を受けることができます。
配偶者に扶養される場合は配偶者の所得から「配偶者控除」、
親に扶養される場合は親の所得から「扶養控除」が差し引かれるため、
その分配偶者や親の税金が少なくてすみます。

また、年収103万円を超えても配偶者の所得から
「配偶者特別控除」を受けることができますが収入に応じて控除額は減っていきます。

●社会保険上の扶養家族となるためには・・・
パート収入が年収130万未満の場合、
配偶者や親が加入する健康保険の被扶養者になることができます。
(※年収106万円以上でパート先の社会保険に加入しなければならない人を除く)

年収130万円以上になると社会保険上の扶養から外れることになり、
自身で国民健康保険に加入するかパート先の健康保険に加入し
いずれにしても自ら保険料を支払わなければならなくなります。
国民年金に関しても、配偶者の厚生年金の扶養家族として
「第3号被保険者」だった方も上記の年収を超えて
扶養家族から外れた段階で「第1号被保険者」として年金を収める必要がでてきます。

また、配偶者や親の会社から「配偶者手当」や
「家族手当」「扶養手当」等がされている場合があります。
この場合、どのくらいの収入があったらカットされますか??
という問い合わせをいただくのですが、これらの手当に関しては
法律上義務付けられているものではないため、
直接会社にお問い合わせして聞いてもらう必要があります。
年収の制限の他に年齢の制限、社会保険の扶養家族であることが必須など
会社ごとに異なりますのでお問い合わせくださいね!

第一回はちょっとカタめの内容の「扶養について」でした!
次回もお楽しみに♪

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ