月別アーカイブ: 2016年9月

わが家の猫ちゃん!得意の仕草

わが家の猫ちゃん(人呼んで、Qちゃん)は、かれこれ16歳の高齢猫。
とはいえ、近年の家飼い犬猫たちは、20年前後の寿命を全うするという、
大往生の犬猫物語が多く聞かれる。だから、わが家の猫を飛び切り、
「高齢猫」と自慢するわけにはいかないが、このQちゃんのおかげで、
わが家はどれだけ癒され、助けられてきたことか……。
大いなる感謝あるのみ。

ところで16年を生きてきた猫ちゃんの心根はどんなものだろうか?
三毛猫美人というこの猫ちゃん。
容姿端麗(飼い主が自画自賛してもしょうがないが)、
スマートで艶な猫。賢くて、人と会話する(会話できる)というわけ。
彼女がわが家に来たときは、その3~4カ月前に雌の雉猫が先入りしていて、
それがどうも気にくわない三毛。雉が近づくとファ~ッ!
と息を噴き上げて威嚇して2階への階段を駆け上がる。
階下の私たちがどれだけ呼び寄せても一向に来ようとはせず、
しばらくというか静かに目と耳を凝らして中階段のところで見つめているのである。
そのいでたちは、まるで豹のような鋭い眼差しにスラーっとした姿態。
もうぞっこん惚れ惚れしましたね。
そのうち私が、中階段まで迎えに行こうとすれば、
ササーッと上階段を駆け上がって、素直じゃない。近寄ってこないのだ。

ところが、雉猫が2年後に病死した際には、弱っている雉ちゃんのところに寄ってきて
鼻を摺り寄せてからだを舐めてやったりして、ちょっと不思議な行動をしていたりしてね。
雉猫が亡くなって2~3日後には、Qちゃんは私たちに、
頭突きしてきたり猫なで声で何やらおしゃべりをしてき始めましたね。
それ以降、この家の主は私ってな風情で向こう三軒両隣の庭庭を悠々自適の闊歩。
夫々の猫には猫の得意技、仕草があるのは、もう皆さんご存知かと思うが、
Qちゃんは、時に舌出し猫の幸せ、日向ぼっこの幸せ、木登りの幸せ、
木の上の昼寝の幸せ、人気スポットの主人的な幸せ、
動くものすべて(小鳥やネズミ、ヤモリなど)獲物取りの幸せ、
をおう歌するといった自由猫になりました。

ある夜半、階下でドタドタバタバタのけたたましい物音に、猫も私も飛び起きた!!
そぞろそぞろに階下に降りてみたら、トイレ方向に物音しかり。
入口ドアが開いていたから、人間が忍び込んでいないのは確か。
でも大きな狸の類でもない。Qちゃんがそぞろに忍び寄って
獲物めがけてとびかかろうとしたその瞬間、
2~30cmほどの茶色物体がササッと素早く走り出てきたが、
私はギャッと固まってQちゃんを見ると、
Qちゃん目をしばしばシバかせてぐるぐる回っている。
と見るや、なんとまあオナラ臭いが充満しているじゃありませんか。
イタチはそのまま逃げおおせてしまい私たちは、
しばしオナラ臭を鎮めるために、そこかしこの窓を開け、夜の珍客騒々の後始末。

Qちゃんとは、こんな風にたくさんの時間を共にしてきましたが、
あれだけ飛び跳ねて高所登りを得意とした彼女の仕草は、近頃は悉く失敗を重ね、
高所の高さもだんだん低くなってきている。
それでも失敗する時があり、そのたびに私は、
Qちゃんの心に負うだろう痛みを切なく感じている。
ずーっと寝ていることも多くなってきているが、
私が外出から帰ってくれば玄関に迎えてくれ、友人たちが来れば、
挨拶かたがた顔見世をして何やらおしゃべりをして静かにそばにいてくれるのである。

あとどれくらい一緒に生き合えるのかわからないけど、
やはりお互いに癒しあって優しく生きていこうねと、
ぎゅっと抱きしめて確認しているこの頃なのです。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪

駅のホームは「欄干のない橋」の危険

いよいよパラリンピックが開催されますが、
彼らは、自身の身体上の障害を乗り越え障害者というその表現に
縛られてしまいやすい自己確立から解放されて、
社会に人として生きる共存者として自由な自己確立を築き上げて、
逞しく明るく、私たちに感動を与えてくれる存在になっている。
まもなく、リオでの戦いを思う存分に私たちに見せて魅せて観せてくれる。
期待したい。

遅まきながらの話題ではあるが、8月15日、視覚障碍者のホーム転落事故で、
盲導犬を連れた男性が線路に転落して死亡したという痛ましいニュースが流れた。
1994年以降、視覚障碍者のホームからの転落事故による死亡、
または重症を負った人は、47人にのぼるという。
実際、視覚障碍者でなくとも、駅のホームは、欄干のない橋として危険なのだ。
近年、駅のホームには、ホームドアが設置されてきている。
費用の関係上、まだ全体の3割程度らしく、
全てに設置されるには長い時間が掛るという。

それにしても目の不自由な人にとって、ホームがどれほど怖い場所なのか?
私は、看護学校時代の実習で、目隠しをして杖をもって、
車道に面した歩道やら、駅のホーム(視覚障碍者用に設けられた黄線、白線に沿って)
を仲間の学生に介添えしてもらっての歩行体験をしたが、
歩道路ですらおぼつかなくて足が竦み、ましてや駅の構内、
ホームとなると、恐怖の想像逞しく動けなかったのを覚えている。

視覚障害の方々は、音に敏感で手先に伝わる杖の感触の察知は鋭い。
であっても駅は構造が複雑で騒音もすごく、勘所は油断ならず、
近辺を察知しかねてしまうという。

筝曲家で盲目の宮城道雄氏(彼は夜汽車内での移動時、誤って転落死された)は、
こんなことばを残している。
『自分の歩くところは、狭いが、耳や心に感じる天地は広い。』
この言葉を紹介された解説者曰く。
少しの想像力が、人の安心して歩けるところを広げていくことができる。と)、
極めて明るい光ある温かい解説だ。
目の不自由な人にとって、ホームがどれだけ怖い場所か?少しの想像を働かせよう!
障碍者、例えば、視力が無い(もしくは光を感知することができる程度)の方々は、
日常的に五感神経を研ぎ澄ませながら感知能力を高めていらっしゃる。
そしてやがて彼らの能力に沿う生活スタイルを作り上げて、
自分らしさをしっかり主張できる生活手段を獲得しているのだ。
障碍者が普通にアイデンティティーを持つのだ。
「咲かなかったら枯れる」「咲かなかったら 咲かない花になる」(中略)
自分が、どんな考えで、どの立場で、できるのか?
できることをしようと思わない限り花は咲かない。
…自分の花を咲かそうと思えば、どんなにつらくても咲く力がある。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
よろしければクリックお願いします♪